著書

  • Jun Ito, Kyosuke Nishida, Takahide Hoshide, Hiroyuki Toda, and Tadasu Uchiyama, "Demographic and Psychographic Estimation of Twitter Users Using Social Structures" in "Online Social Media Analysis and Visualization," Springer Lecture Notes in Social Networks, 2014.

学術雑誌論文

  • Yuki Endo, Hiroyuki Toda, Kyosuke Nishida, Jotaro Ikedo, "Classifying spatial trajectories using representation learning," International Journal of Data Science and Analytics, Jul. 2016.
  • Makoto Nakatsuji, Hiroyuki Toda, Hiroshi Sawada, Jinguang Zheng, and James A. Hendler, "Semantic sensitive tensor factorization," Artificial Intelligence, Vol. 230, pp. 224-245, 2016.
  • 河野慎, 遠藤結城, 戸田浩之, 小池義昌, 植田一博, "Recursive Autoencoderにもとづいた移動軌跡からの特徴量自動抽出手法の提案", 日本データベース学会和文論文誌, Vol.14-J, No.2, 2016年3月.
  • 羽田野真由美, 中辻真, 戸田浩之, 小池義昌, "クラウドソーシングの時空間拡張におけるワーカの時間制約を考慮したタスク割当て手法", 日本データベース学会和文論文誌, Vol.14-J, No.2, 2016年3月.
  • 遠藤結城, 戸田浩之 ,小池義昌, "移動手段推定のための表現学習を用いたGPSログからの特徴抽出", 情報処理学会論文誌 データベース, Vol.8, No.3, pp.12-23, 2015年9月.
  • 横山法子, 船越要, 戸田浩之 ,小池義昌, "地域情報提供サービスのための行動目的抽出", 情報処理学会論文誌 データベース, Vol.8, No.1, pp.17-26, 2015年3月.
  • 中辻真,藤原靖宏,戸田浩之,澤田宏,チェン ジン,ヘンドラー ジェームズ: "セマンティクスを用いたテンソル分解手法", 人工知能学会論文誌,Vol. 30, No. 3, 2015年3月.
  • 徳永陽子, 数原良彦, 戸田浩之, 鷲崎誠司, "単語の出現度合いを考慮した質問文マルチタスク分類", 日本データベース学会論文誌(DBSJ Journal), Vol.13, No.1, 2014年10月.
  • 徳永陽子, 数原良彦, 佐藤吉秀, 戸田浩之, 鷲崎誠司, "知名度の地理的広がりを考慮した実世界スポットの地域局所性推定", 情報処理学会論文誌 Vol.55, No.9, 2014年9月.
  • 中辻真, 藤原靖宏, 内山俊郎, 戸田浩之, "動的なユーザ興味に対応したセマンティクスに基づく情報推薦手法", 人工知能学会論文誌, Vol.28, No.6, pp.457-467, 2013年10月.
  • 伊藤淳, 西田京介, 星出高秀, 戸田浩之, 内山匡, "TwitterとBlogの共通ユーザおよび会話ユーザの同類性に着目したTwitterユーザ属性推定", 日本データベース学会論文誌(DBSJ Journal), Vol.12, No.1, pp.31-36, 2013年6月.
  • 廣嶋伸章, 戸田浩之, 松浦由美子, 片岡良治, "概念ベースに基づくWeb検索のクエリタイプ判定手法とその評価", 情報処理学会論文誌 データベース, Vol.3, No.3, pp.33-45, 2010年9月.
  • 今井良太, 戸田浩之, 関口裕一郎, 望月崇由, 鈴木智也, 今井桂子, "Web検索サービスにおける多義的なクエリ推薦手法", 日本データベース学会論文誌(DBSJ Journal), Vol.9, No.1, pp.7-11, 2010年6月.
  • 戸田浩之, 安田宜仁, 奥村学, 松浦由美子, 片岡良治, "地理情報検索のためのスニペット生成法", 人工知能学会論文誌, Vol.24, No.6, pp.494-506, 2009年8月. PDF
  • Masaya Murata, Hiroyuki Toda, Yumiko Matsuura, Ryoji Kataoka, "Access Concentration Detection in Click Logs to Improve Mobile Web-IR", Information Sciences、Vol. 179, Issue 12, pp.1859-1869, May 2009.
  • 村田眞哉, 戸田浩之, 松浦由美子, 片岡良治, "クリックログ解析による情報要求ベースの検索結果ランキング", 日本データベース学会論文誌(DBSJ Journal), Vol.7, No.4, pp.37-42, 2009年3月.
  • 安田宜仁, 戸田浩之, "検索位置のごく周辺を対象とした地理情報検索", 人工知能学会論文誌, Vol.23, No.5, pp.364-373, 2008年7月. PDF
  • 数原良彦, 戸田浩之, 櫻井彰人, "ブログ記事を用いた複数話題間の動作関係抽出手法", 電子情報通信学会論文誌,Vol.J91-D, No. 3, pp.619-627, 2008年3月.
  • 村田眞哉,戸田浩之,松浦由美子,片岡良治, "検索結果中のアクセス集中サイトを利用したクエリ拡張法の提案", 日本データベース学会論文誌(DBSJ Letters) Vol.6, No.4, pp.45-48, 2008年3月. PDF
  • 戸田浩之,藤村考,井上孝史,廣嶋伸章,杉崎正之,片岡良治,奧雅博,"目的指向型ブログ検索システムBLOGRANGERの提案およびユーザ評価",情報処理学会論文誌:データベース, Vol.48, No.SIG14(TOD35), pp. 132-151, 2007年9月.
  • Hiroyuki Toda, Ryoji Kataoka, and Masahiro Oku, "Search Result Clustering using Informatively Named Entities", International Journal of Human-Computer Interaction, Vol. 23, No. 1-2, pp. 3-23, July 2007.
  • 倉島 健,別所克人,戸田浩之,内山俊郎,片岡良治,奥雅博,"比較評価情報に基づくランキング手法",日本データベース学会論文誌(DBSJ Letters) Vol.6, No.1, pp.5-8,2007年6月.PDF
  • 戸田浩之, 北川博之, 藤村考, 片岡良治, 奥雅博, "グラフ分析を利用した文書集合からの話題構造マイニング", 電子情報通信学会論文誌,Vol. J90-D, No. 2, pp.292-310, 2007年2月.
  • 戸田浩之, 中渡瀬秀一, 片岡良治, "特徴的な固有表現を用いたラベル指向ナビゲーション手法の提案 ", 情報処理学会論文誌:データベース, Vol.46, No.SIG13(TOD27), pp. 40-52, 2005年9月.
  • 徐元斌, 野村宏之, 滝田光晴, 戸田浩之, "金属粉末射出成形法による生体用Ti-5Al-2.5Fe合金成形体の特性", 粉体および粉末冶金 (Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy), Vol. 48, No.4, pp. 316-321, 2001年4月.

査読付き国際会議論文

  • Maya Okawa, Hideaki Kim, and Hiroyuki Toda, "Online Traffic Flow Prediction Using Convolved Bilinear Poisson Regression," Proc. 18th IEEE International Conference on Mobile Data Management (MDM 2017) pp.134-143, May 2017.Honorable mention award
  • Yuki Endo, Kyosuke Nishida, Hiroyuki Toda, and Hiroshi Sawada, "Predicting Destinations from Partial Trajectories Using Recurrent Neural Network," Proc. 21th Pacific Asia Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (PAKDD 2016) pp.160-172, May 2017.
  • Takuya Nishimura, Kyosuke Nishida, Hiroyuki Toda, and Hiroshi Sawada, "How fashionable is each street?: Quantifying road characteristics using social media," Proc. 2016 IEEE/ACM International Conference on Advances in Social Networks Analysis and Mining (ASONAM 2016), pp.429-436, August 2016.
  • Yuki Endo, Hiroyuki Toda, and Kyosuke Nishida, Akihisa Kawanobe, "Deep Feature Extraction from Trajectories for Transportation Mode Estimation," Proc. 20th Pacific Asia Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (PAKDD 2016) pp.54-66, April 2016.
  • Kyosuke Nishida, Hiroyuki Toda, and Yoshimasa Koike, "Extracting Arbitrary-shaped Stay Regions from Geospatial Trajectories with Outliers and Missing Points", Proc. 8th ACM SIGSPATIAL International Workshop on Computational Transportation Science (IWCTS 2015), November 2015.
  • Mayumi Hadano, Makoto Nakatsuji, Hiroyuki Toda, and Yoshimasa Koike,"Assigning Tasks to Workers by Referring to Their Schedules in Mobile Crowdsourcing", Proc. Third AAAI Conference on Human Computation and Crowdsourcing (HCOMP 2015) pp.10-11, November 2015.
  • Yuki Endo, Hiroyuki Toda, Yoshimasa Koike, "What's Hot in The Theme: Query Dependent Emerging Topic Extraction from Social Streams," Proc. 24th International World Wide Web Conference (WWW 2015) Companion Volume, pp.31-32, May 2015.
  • Jun Ito, Jing Song, Hiroyuki Toda, Yoshimasa Koike, Satoshi Oyama, "Assessment of Tweet Credibility with LDA Features," Proc. 24th International World Wide Web Conference (WWW 2015) Companion Volume, pp.953-958, May 2015.
  • Kyosuke Nishida, Hiroyuki Toda, Takeshi Kurashima, Yoshihiko Suhara, "Probabilistic Identification of Visited Point-of-Interest for Personalized Automatic Check-in", Proc. the 2014 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp? 2014), September 2014.
  • Noriko Yokoyama, KAname Funakoshi, Hiroyuki Toda, Yoshimasa Koike, "Motivation System using Purpose-for-Action", Proc. 25th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2014) pp. 66-80, September 2014.
  • Makoto Nakatsuji, Yasuhiro Fujiwara, Hiroyuki Toda, Hiroshi Sawada, Jin Zheng, James Alexander Hendler, "Semantic Data Representation for Improving Tensor Factorization", Proc. 28th AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI 2014), pp.1004-2011, July 2014.
  • Yoko Tanaka, Yoshihiko Suhara, Nobuaki Hiroshima, Hiroyuki Toda and Seiji Susaki, "Snippet generation by Identifying Attribute Associated Information," Proc. the 9th Asia Information Retrieval Societies Conference, Dececmber 2013.
  • Jun Ito, Kyosuke Nishida, Takahide Hoshide, Hiroyuki Toda and Tadasu Uchiyama, "What is he/she like?: Estimating Twitter User Attributes from the Contents and Social Neighbors," Proc. the 2013 IEEE/ACM International Conference on Social Networks Analysis and Mining (ASONAM 2013), pp 1448-1450, August 2013.
  • Yoshihiko Suhara, Hiroyuki Toda, Shuichi Nishioka and Seiji Susaki, "Automatically Generated Spam Detection Based on Sentence-level Topic Information", Proc. 3rd Joint WICOW/AIRWeb Workshop on Web Quality (WebQuality? 2013), May 2013.
  • Yutaka Kabutoya, Tomoharu Iwata, Hiroyuki Toda, and Hiroyuki Kitagawa, "A Probabilistic Model for Diversifying Recommendation Lists", Proc. 15th Asia-Pacific Web Conference (APWeb 2013), pp 348-359, April 2013.
  • Makoto Nakatsuji, Yasuhiro Fujiwara, Toshio Uchiyama, and Hiroyuki Toda, "Collaborative filtering by analyzing dynamic user interests modeled by taxonomy", Proc. 11th international conference on The Semantic Web (ISWC 2012) - Volume Part I, pp 361-377, November 2012.
  • Masaya Murata, Hiroyuki Toda, Yumiko Matsuura, Ryoji Kataoka, Takayoshi Mochizuki, "Detecting Periodic Changes in Search Intentions in a Search Engine", Proc. ACM 19th Conference on Information and Knowledge Management (CIKM 2010),pp 1525-1528, November 2010. (short paper)
  • Hiroyuki Toda, Norihito Yasuda, Yumiko Matsuura, Ryoji Kataoka, "Geographic Information Retrieval to Suit Immediate Surroundings", Proc. 17th ACM SIGSPATIAL International Conference on Advances in Geographic Information Systems (ACM SIGSPATIAL GIS 2009), pp 452-455, Seattle, WA, USA, November 4-6, 2009. (poster)
  • Masaya Murata, Hiroyuki Toda, Yumiko Matsuura, Ryoji Kataoka, "Query-page intention matching using clicked titles and snippets to boost search rankings", Proc. the 2009 Joint International Conference on Digital Libraries (JCDL 2009), pp 105-114, Austin, TX, USA, June 2009.
  • Hiroyuki Toda, Norihito Yasuda, Yumiko Matsuura, Ryoji Kataoka, "Incorporating place name extents into Geo-IR ranking", Proc. ACM 17th Conference on Information and Knowledge Management (CIKM 2008), pp 1489-1490, Napa Valley, CA, USA, October 26-30, 2008. (poster)
  • Takeshi Kurashima, Katsuji Bessho, Hiroyuki Toda, Toshio Uchiyama, Ryoji Kataoka, "Ranking the Entities Using Comparative Relations", Proc. 19th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2008), pp 124-133 Turin, Italy, Sep. 2008.
  • Masaya Murata, Hiroyuki Toda, Yumiko Matsuura, Ryoji Kataoka, "Improving Mobile Web-IR using Access Concentration Sites in Search Results", Proc. 9th International Conference on Web Information Systems Engineering (WISE 2008), pp 221-234, Auckland, New Zealand, Sep. 2008. Kambayashi Best Paper Award
  • Hiroyuki Toda, Hiroyuki Kitagawa, Ko Fujimura, Ryoji Kataoka, "Topic Structure Mining using Temporal Co-occurrence", Proc. 2nd International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication (ICUIMC 2008), pp 253-258, Suwon, Korea, Jan. 2008.
  • Yoshihiko Suhara, Hiroyuki Toda, Akito Sakurai, "Extracting Related Named Entities from Blogosphere for Event Mining", Proc. 2nd International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication (ICUIMC 2008), pp 242-246, Suwon, Korea, Jan. 2008.
  • Rui Kimura, Satoshi Oyama, Hiroyuki Toda, and Katsumi Tanaka, "Creating Personal Histories from the Web using Namesake Disambiguation and Event Extraction", Proc. 7th International Conference on Web Engineering (ICWE 2007), LNCS4607, pp 400-414, Como, Italy, July 2007. Springer
  • Yoshihiko Suhara, Hiroyuki Toda, Akito Sakurai, "Event mining from the Blogosphere using topic words", Proc. 1st International Conference on Weblogs and Social Media (ICWSM 2007), Boulder, Colorado, U.S.A., March 2007. (poster)Conference Site
  • Hiroyuki Toda, Ko Fujimura, Ryoji Kataoka, and Hiroyuki Kitagawa, "Topic Structure Mining using PageRank? without Hyperlinks", Proc. 9th International Conference on Asian Digital Libraries (ICADL 2006), LNCS 4312, pp 151-162, Kyoto, Japan, November 2006. Springer
  • Hiroyuki Toda, Ryoji Kataoka, and Hiroyuki Kitagawa, "Topic Structure Mining for Document Sets using Graph-Based Analysis", Proc. 17th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2006), LNCS 4080, pp 327-337, Krakow, Poland, September 2006. Springer
  • Ko Fujimura, Hiroyuki Toda, Takafumi Inoue, Nobuaki Hiroshima, RyojiKataoka?, Masayuki Sugizaki, "BLOGRANGER - A Multi-faceted Blog Search Engine", Proc. 3rd Annual Workshop on the Weblogging Ecosystem: Aggregation, Analysis and Dynamics (WWE2006), Edinburgh, UK, May 2006. Conference Site
  • Hiroyuki Toda, and Ryoji Kataoka, "A search result clustering method using informatively named entities", Proc. 7th ACM International Workshop on Web Information and Data Management (WIDM 2005), pp 81-86, Bremen, Germany, November 2005. ACM
  • Hiroyuki Toda, and Ryoji Kataoka, "A clustering method for news articles retrieval system", Proc. 14th international conference on World Wide Web (Special interest tracks and posters) (WWW2005), Chiba, Japan, pp. 988-989, May 2005.(poster) Conference Site
  • Hiroyuki Toda, Mitsutoshi Nagahama, Hidekazu Nakawatase, and Ryoji Kataoka, "A Label-Based Navigation Method using Informatively Named Entities", Proc. 1st ECML/PKDD International Workshop on Knowledge Discovery in Data Streams, Pisa, Italy, pp 99-100, September 2004.(poster)
  • Hiroyuki Toda, Toshifumi Enomoto, and Tetsuji Satoh, "Goal-Oriented Information Retrieval Using Feedback from Users", Proc. 2nd International Conference on Web-Age Information Management (WAIM 2001), LNCS 2118 pp 72-79, Xian, China, July 2001. Springer

査読付き国内会議論文

  • 今井良太, 数原良彦, 戸田浩之, 鷲崎誠司, "Web文書を利用したPOIに関連する地名の抽出", 情報アクセスシンポジウム2013, 2013年12月.
  • 田中陽子, 数原良彦, 佐藤吉秀, 戸田浩之, 鷲崎誠司, "知名度の地理的広がりを考慮した実世界スポットの地域局所性推定", 第12回情報科学技術フォーラム (FIT2013), 2013年9月.船井ベストペーパー賞
  • 村田眞哉, 戸田浩之, 松浦由美子, 片岡良治, 望月崇由, 森本正志, "サーチエンジンにおける検索意図の周期的変化の検出", WebDB Forum 2009, 2009年11月.
  • 廣嶋伸章, 戸田浩之, 松浦由美子, 片岡良治, 藤村滋, 森本正志, "概念ベースを利用したWeb検索のクエリタイプ判定", WebDB Forum 2009, 2009年11月.
  • 藤村滋, 戸田浩之, 松浦由美子, 片岡良治, "局所構造を考慮したブログネットワークの分析", WebDB Forum 2008, 2008年12月. 企業賞
  • 村田眞哉, 戸田浩之, 松浦由美子, 片岡良治, "検索結果のアクセス分析に基づく情報要求ベースのランキング", WebDB Forum 2008, 2008年12月.
  • 村田眞哉, 戸田浩之, 松浦由美子, 片岡良治, "検索結果中のアクセス集中サイトを利用したクエリ拡張法の提案", データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム(DBWeb2007), 2007年11月. 「企業賞」優秀賞
  • 数原良彦, 戸田浩之, 櫻井彰人, "出来事を発掘するマイニング手法", 第8回AI若手の集い(MYCOM2007), 2007年6月.PDF
  • 数原良彦, 戸田浩之, 櫻井彰人, "ブログにおけるイベントマイニングのための適切な関連語の抽出", 第18回データ工学ワークショップ (DEWS2007), 2007年2月. PDF
  • 戸田浩之, 北川博之, 藤村考, 片岡良治, "時間的近さを考慮した話題構造マイニング", 第18回データ工学ワークショップ (DEWS2007), 2007年2月. PDF 優秀論文賞
  • 木村塁, 戸田浩之, 田中克己, "検索結果スニペットのクラスタリングによる同姓同名人物の特定", 第17回データ工学ワークショップ (DEWS2006), 2006年3月. PDF
  • 戸田浩之, 井上孝史, 廣嶋伸章, 杉崎正之, 栗島聡哉, 藤村考, 片岡良治, "マルチファセットブログ記事検索システム「BlogRanger?」", 第17回データ工学ワークショップ (DEWS2006), 2006年3月. 優秀プレゼンテーション賞
  • 戸田浩之, 日高東潮, 小島明, 片岡良治, 星隆司, "コンテンツの意味的なメタデータと低レベルの特徴量を統合管理可能なコンテンツガイドの一方式", データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム(DBWeb2002), 情報処理学会シンポジウムシリーズ Vol.2002,No.19,pp.351-358,2002年12月.
  • 戸田浩之, 榎本俊文, 佐藤哲司, "ユーザからのフィードバックを利用した目的指向ナビゲーション手法の検討", 第12回データ工学ワークショップ (DEWS2001), 2001年3月.

研究会大会発表

  • 遠藤結城,戸田浩之,鷲崎誠司,"時系列テキストにおけるクエリ依存の局所的なEmerging Topic の抽出", 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, C4-3, 2014年3月.
  • 徳永陽子,数原良彦,戸田浩之,鷲崎誠司,"単語の出現度合いを考慮した質問文マルチクラス分類", 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, C6-3, 2014年3月.
  • 伊藤淳,西田京介,星出高秀,戸田浩之,内山匡, "TwitterとBlogの共通ユーザおよび会話ユーザの同類性に着目したTwitterユーザ属性推定", 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, C5-3, 2013年3月.
  • 西田京介, 戸田浩之, 倉島健, 内山匡, "確率的訪問POI分析: 時空間行動軌跡からのユーザモデリング", マルチメディア、分散、協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2013), 2013年7月. 最優秀論文賞 , 優秀プレゼンテーション賞
  • 伊藤淳,西田京介,星出高秀,戸田浩之,内山匡, "TwitterとBlogの共通ユーザおよび会話ユーザの同類性に着目したTwitterユーザ属性推定", 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, C5-3, 2013年3月.
  • 伊藤淳, 西田京介 , 星出高秀, 戸田浩之, 内山匡, "TwitterとBlogの共通ユーザプロフィールを利用したTwitterユーザ属性推定", 情報処理学会研究報告, 2013-IFAT-109(4), 2013年1月. 山下記念研究賞
  • 堤田恭太,中辻真,内山俊郎,戸田浩之,内山匡, "アクセスログを用いたクロスドメイン環境における情報推薦", 情報処理学会研究報告, 2013-IFAT-107(4), 2012年7月. ITATヤングリサーチャー優秀賞
  • 鈴木克典, 湯川高志, 戸田浩之, 数原良彦, 片岡良治, "文書構造を考慮した近接度スコアを用いた文書検索結果ランキング方式", 第9回情報科学技術フォーラム (FIT2010), 2010年9月.
  • 廣嶋伸章, 戸田浩之, 松浦由美子, 片岡良治, "ブログ記事からの特定の時間帯を表す時間表現の抽出", 言語処理学会第16回年次大会(NLP2010), 2010年3月.
  • 今井良太, 戸田浩之, 関口裕一郎, 望月崇由, 鈴木智也, 今井桂子, "Web検索サービスにおける多義的なクエリ推薦手法", 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2010),2010年2月. 優秀インタラクティブ賞
  • 伊藤淳, 戸田浩之, 廣嶋伸章, 望月崇由, 鈴木智也, 筧捷彦, "クエリログをコーパスとした意味知識獲得法の改善", 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2010),2010年2月.
  • 数原良彦, 植松幸生, 戸田浩之, 井上孝史, 片岡良治, "ソーシャルブックマーク数を正解とした検索ランキングの学習", 第23回人工知能学会全国大会, 2009年6月.
  • 戸田浩之, 安田宜仁, 松浦由美子, 片岡良治, "地理情報と内容情報の近接性を考慮した地理情報検索", 第23回人工知能学会全国大会, 2009年6月.
  • 安田宜仁, 戸田浩之, 松浦由美子, 片岡良治, "地理的制約を加味した概要文生成を行う地理情報検索", 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009),2009年3月.
  • Hiroyuki Toda, Norihito Yasuda, Yumiko Matsuura, Ryoji Kataoka, "Incorporating place name extents into Geo-IR ranking", NSF SYmposium: Semantic Knowledge Discovery, Organization and Use, New York, NY, USA, November, 14-15, 2008.
  • 戸田浩之, 安田宜仁, 松浦由美子, 片岡良治, "モバイル端末を考慮したロケーションアウェア情報検索", 電子情報通信学会技術研究報告 Vol. 108, No. 211, DE2008-41, pp. 23-24, 2008年9月.
  • 数原良彦, 戸田浩之, 櫻井彰人, "話題語を手がかりとしたブログからのイベントマイニングの検討", 情報処理学会研究報告, 2006-NL-176, pp. 67-73, 2006年11月.
  • 藤村考, 戸田浩之, 井上孝史, 廣嶋伸章, 片岡良治, 杉崎正之, "マルチファセット型ブログ検索システムBLOGRANGERの開発", 電子情報通信学会技術研究報告 Vol.105, No.650, 2006年3月.
  • Hiroyuki Toda, and Ryoji Kataoka, "Search Result Clustering Method at NTCIR-5 Web Query Expansion Subtask", Proc. 5th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies: Information Retrieval, Question Answering and Cross-Lingual Information Access(NTCIR-5), Tokyo, Japan, December 2005. PDF
  • 戸田浩之, 片岡良治, 北川博之, "固有表現に着目したニュース記事分類手法の提案", 夏のデータベースワークショップ(DBWS2005), 情報処理学会研究報告 Vol.2005, No.67(2005-DBS-137(I)), 電子情報通信学会技術研究報告 Vol.105, No.171, 2005年7月.
  • 向井景洋, 戸田浩之, 片岡良治, "ラベル指向情報検索における分類ラベル統合方式の検討", 情報処理学会・電子情報通信学会情報・システムソサイエティ共催 第3回情報科学技術フォーラム (FIT2004), D-006, 2004年9月.
  • 戸田浩之, 長浜光俊, 片岡良治, "特徴的な固有表現を用いたラベル指向ナビゲーション手法の提案", 情報処理学会研究報告, 2004-FI-75, pp. 99-106, 2004年5月.
  • 日高東潮,戸田浩之,小島 明,片岡良治,星 隆司, "XMLベースのコンテンツガイドシステム実現について", 情報処理学会研究報告, 2003-DBS-129, pp. 97-104, 2003年1月.
  • 戸田浩之, 田辺弘実, 日高東潮, 星隆司, "映像配信サービスにおける状況適応型検索システムの提案", 情報処理学会研究報告, 2002-DBS-127, pp. 121-128, 2002年5月.
  • 田辺弘実,戸田浩之,北角智洋,星 隆司, "利用者の状況に適応したメタデータ検索機構の提案", 情報処理学会研究報告, 2002-DBS-127, pp. 113-119, 2002年5月.
  • 戸田浩之, 村本達也, 北角智洋, 星隆司, "映像配信における個人化された広告配信方法の検討", 情報処理学会第63回全国大会, 4Y-2, 2001年9月.

その他

  • 戸田浩之, "研究と事業を行き来するということ −研究者の立場から−",京都大学工学部情報学科計算機科学コース講義,2011年6月.
  • 戸田浩之, "魅力的な検索サービスの 実現に向けて",立命館大学情報理工学部メディア情報学科 企業連携講座,2010年12月.
  • 戸田浩之, "CGM処理技術の最新動向", 東京大学大学院情報学環社会情報学特論?コミュニケーションダイナミクス, 2009年5月.
  • 村田眞哉, 戸田浩之, 松浦由美子, 片岡良治, "アクセス集中サイトを利用した検索精度の向上", NTT技術ジャーナル, Vol.21, No.1, 2009年1月.
  • 戸田浩之, "CGMを活用するポータルサービスとそれを支える技術", 京都大学工学部情報学科計算機科学コース講義 兼 京都大学大学院情報学研究科社会情報学専攻特別講義 兼 京都大学グローバルCOEプログラム第4回知識サーチセミナ, 2008年6月.
  • 戸田浩之, "BLOGRANGERとブログ検索技術: トピック抽出や注目ブロガーの抽出機能の実現と将来", 筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター第7回公開講演会, 2007年11月.
  • 戸田浩之, "BLOGRANGER2.0の主な特徴(Main Features of BLOGRANGER2.0)", gooオープンカンファレンスVol.5『gooのブログ検索テクノロジーとその未来像』, 2006年11月. Organizer Site
  • 戸田浩之, "検索システムのない世界を目指して", NTT技術ジャーナル, Vol.18, No.5, 2006.PDF
  • 片岡良治, 戸田浩之, 植松幸生, 藤村考, 別所克人, 西岡秀一, "求める情報へユーザを導くナビゲーション型の情報検索技術", NTT技術ジャーナル, Vol.18, No.5, 2006年5月.Publisher Site
  • Ryoji Kataoka, Hiroyuki Toda, Yukio Uematsu, Ko Fujimura, Katsuji Bessho, and Shuichi Nishioka, "Navigational Information Retrieval Technologies that Help Users Reach the Desired Information", NTT Technical Review, Vol.4 No.8, Augut 2006. (上記の英訳) Publisher Site
  • 戸田浩之, "BLOGRANGERの要素技術(Core-Technologies of BLOGRANGER)", gooオープンカンファレンスVol.2『ブログサーチテクノロジー』, 2006年4月. PDF

青字は共著者の受賞.