FrontPage  Index  Search  Changes  Login

PaperListJ

年度別 論文リスト

2017年度

国際会議

  • Takahiro Komamizu, Yasuhiro Hayase, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "Exploring Identical Users on GitHub and Stack Overflow", in Proc. the 29th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2017), pp., Pittsburgh, USA, July 5-7, 2017 (to appear)
  • Takahito Kaiho, Wen-jie Lu, Toshiyuki Amagasa, and Jun Sakuma, "Towards Privacy-preserving Record Linkage with Record-wise Linkage Policy," Proc. 28th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2017), Lyon, France, August 28-31, 2017 (to appear).
  • Chihiro Sakazume, Hiroyuki Kitagawa, Toshiyuki Amagasa, "DIO: Efficient Interactive Outlier Analysis over Dynamic Datasets," Proc. 12th International Conference on Digital Information Management (ICDIM 2017), Fukuoka, Japan, September 12-14, 2017 (to appear).
  • Yusuke Kozawa, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "GPU-Accelerated Graph Clustering via Parallel Label Propagation," Proc. 26th ACM International Conference on Information and Knowledge Management (CIKM 2017), Singapore, November 6-10, 2017 (to appear).
  • Takahiro Komamizu, Sayami Okumura, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "FORK: Feedback-aware ObjectRank-based Keyword Search over Linked Data," Proc. 13th Asia Information Retrieval Societies Conference (AIRS 2017), Jeju island, Korea, November 22-24, 2017 (to appear).
  • Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa, Salman Ahmed Shaikh, Hiroaki Shiokawa, Hiroyuki Kitagawa, "SOLA: Stream OLAP-based Analytical Framework for Roadway Maintenance," Prof. International Workshop on Social and Big Data in Digital Ecosystems (SBDDE 2017) in conjunciton with the 9th International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES'17), Bangkok, Thailand, November 7-10, 2017 (to appear).

2016年度

学術論文

  • Ryosuke Koyanagi, Ryo Furukawa, Tsubasa Takahashi, Takuya Mori, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "A Scheme for Fast k-Concealment Anonymization," IEICE Trans. Info. & Syst., Vol. E99-D, No. 4, pp.1000-1009, Apr. 2016.
  • Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "H-SPOOL: A SPARQL-based ETL Framework for OLAP over Linked Data with Dimension Hierarchy Extraction," International Journal of Web Information Systems (IJWIS), Vol.12 , Iss.3 , pp.359-378, 2016.
  • Mateus S. H. Cruz, Yusuke Kozawa, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "Accelerating Set Similarity Joins Using GPUs," Transactions on Large-Scale Data and Knowledge-Centered Systems XXVIII: Special Issue on Database and Expert Systems Applications (TLDKS), pp. 1-22, 2016.

国際会議

  • Hiroyoshi Ito, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "Detecting Topic Evolutions in Bibliographic Databases Exploiting Citations," Proc. 26th International Conference on Information Modelling and Knowledge Bases (EJC 2016), pp. 489-504, Tampere, Finland, June 6-10, 2016.
  • Yuki Nishimura, Toshiyuki Amagasa, Yuji Inagaki, Tetsuo Hashimoto, and Hiroyuki Kitagawa, "A system for supporting phylogenetic analyses over alignments of next generation sequence data," The 10th International Conference on Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems (CISIS-2016), Fukuoka, Japan, July 6-8, 2016. (to appear)
  • Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "Visual Spatial-OLAP for Vehicle Recorder Data on Micro-sized Electric Vehicles," Proc. 20th International Database Engineering & Applications Symposium (IDEAS 2016), pp. 358-363, Montreal, QC, Canada, July 11-13, 2016. (short paper)
  • Savong Bou, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "An Improved Method of Keyword Search over Relational Data Streams by Aggressive Candidate Network Consolidation," Proc. 27th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2016), pp. 336-351, Porto, Portugal, September 5-8, 2016.
  • Yuta Kusamura, Yusuke Kozawa, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "GPU Acceleration of Content-based Image Retrieval based on SIFT Descriptors," Proc. of the 5th International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC-2016) in conjunction with NBiS-2016, Ostrava, Czech Repblic, September 7-9, 2016. (to appear)
  • Saki Nagaki, Yuto Yamaguchi, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Local Attention Analysis and Prediction of Online News Articles in Twitter", Proc. International Workshop On Mobile Ubiquitous Systems, pp. 136-141, Infrastructures, Communications, And AppLications (MUSICAL 2016), Hiroshima, Japan, November 28, 2016.
  • Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Interleaving Clustering of Classes and Properties for Disambiguating Linked Data" (short paper), Proc. 18th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries (ICADL 2016), pp.251-256, Tsukuba, Japan, December 5-9, 2016.
  • Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa, Salman Ahmed Shaikh, Hiroaki Shiokawa and Hiroyuki Kitagawa, "Towards Real-time Analysis of Smart City Data: A Case Study on City Facility Utilizations," Proc. 14th IEEE International Conference on Smart City (SmartCity 2016), pp.1357-1364, Sydney, Australia, December 12-14, 2016.

研究会

  • 久米慶太郎,天笠俊之,橋本 哲男,北川 博之,犁ヽ3惱を用いた非モデル生物におけるミトコンドリア及び関連オルガネラタンパク質の予測手法”,情報処理学会研究報告バイオ情報学(BIO),2016-BIO-46(25),pp. 1-6,2016年6月27日.
  • 坂詰知完,北川博之,天笠俊之,“データの動的な変化に対応可能な対話的外れ値分析”,情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS),2016-DBS-163(13),pp. 1-6 2016年9月6日.
  • 伊藤寛祥,駒水孝裕,天笠俊之,北川博之,爛痢璽匹複数の属性を持つグラフにおけるコミュニティ検出”,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIMフォーラム2017),E2-1,岐阜県高山市,2017年3月6日〜3月8日.
  • 坂詰知完,北川博之,天笠俊之,狷暗なデータ集合に対応した対話的外れ値分析手法”,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIMフォーラム2017),I2-4,岐阜県高山市,2017年3月6日〜3月8日.
  • 那須勇弥,塩川浩昭,天笠俊之,北川博之,犇間情報をもつストリームデータに対する効率的なOLAPシステム提案”,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIMフォーラム2017),E4-3,岐阜県高山市,2017年3月6日〜3月8日.
  • 草村優太,天笠俊之,北川博之,SIFT特徴量を用いた画像検索のGPUによる高速化”,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIMフォーラム2017),E7-3,岐阜県高山市,2017年3月6日〜3月8日.

全国大会

  • 菅野健太,天笠俊之,北川博之,爛瓮法璽灰▲廛蹈札奪気鰺僂い申弦膣嵶犹結合の高速化”,情報処理学会第79回全国大会,1G-02,愛知県名古屋市,2017年3月16日〜3月18日.
  • 那須勇弥,塩川浩昭,天笠俊之,北川博之,爛好肇蝓璽爛如璽燭紡个垢覿間的OLAPシステムの設計と開発”,情報処理学会第79回全国大会,1L-04,愛知県名古屋市,2017年3月16日〜3月18日.
  • 三浦大地,天笠俊之,北川博之,Sparkを利用した密度ベースクラスタリングOPTICSの高速化”,情報処理学会第79回全国大会,1L-07,愛知県名古屋市,2017年3月16日〜3月18日.

2015年度

学術論文

  • Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Facet-value Extraction Scheme from Textual Contents in XML Data," International Journal of Web Information Systems (IJWIS), Vol. 11, No. 3, pp.270-290, 2015.
  • Savong Bou, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Path-based Keyword Search over XML Streams," International Journal of Web Information Systems (IJWIS), Vol. 11, No. 3, pp.347-369, 2015.
  • 中挾晃介,北川博之,Salman Ahmed SHAIKH,天笠俊之,“StreamOLAPにおける問合せの最適化手法”,日本データベース学会和文論文誌, Vol. 14, No.3, 2016年3月.
  • 伊藤寛祥,天笠俊之,北川博之,“引用情報を利用した論文データベースにおけるトピックの変遷の検出”,日本データベース学会和文論文誌 Vol. 14, No. 13, 2016年3月.

国際会議

  • Kazumasa Kumamoto, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "A System for Querying RDF Data using LINQ," Proc. of the 4th International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC-2015) in conjunction with NBiS-2015 , pp. 452-457, Taipei, Taiwan, Sept. 2-4, 2015.
  • Yusuke Kozawa, Fumitaka Hayashi, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Parallel Canopy Clustering on GPUs," Proc. 26th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2015), Vol. 1, pp. 334-348, Valencia, Spain, September 1-4, 2015.
  • Mateus S. H. Cruz, Yusuke Kozawa, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "GPU Acceleration of Set Similarity Joins," Proc. 26th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2015), Vol. 1, pp. 384-398, Valencia, Spain, September 1-4, 2015.
  • Saki Ueda, Yuto Yamaguchi, Hiroyuki Kitagawa, and Toshiyuki Amagasa, "Tweet Location Inference based on Contents and Temporal Association," Proc. of the 16th International Conference on Web Information System Engineering (WISE 2015), Vol. 2, pp 259-266, Miami, USA, November 1-3, 2015. (short paper)
  • Kosuke Nakabasami, Toshiyuki Amagasa, Salman Shaikh, Franck Gass, and Hiroyuki Kitagawa, "An Architecture for Stream OLAP Exploiting SPE and OLAP Engine," Proc. 2015 IEEE International Conference on Big Data (IEEE BigData 2015), pp. 319-326, Santa Clara, CA, USA, Oct. 29-Nov. 1, 2015. (short paper)
  • Eri Kataoka, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "A Social Reading System for EPUB Publications," Proc. of the 17th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS 2015), Article No. 6, Brussels, Belgium, December 11-13, 2015.
  • Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "SPOOL: A SPARQL-based ETL Framework for OLAP over Linked Data," Proc. of the 17th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS 2015), Article No. 49, Brussels, Belgium, December 11-13, 2015.

研究会

  • 小澤佑介,天笠俊之,北川博之,“GPUを用いたラベル伝搬法によるグラフクラスタリングの高速化”,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIMフォーラム2016),A8-3,福岡県福岡市,2016年2月29日〜3月2日.
  • Savong Bou,Toshiyuki Amagasa and Hiroyuki Kitagawa,“Efficient Keyword Search over Relational Data Streams”,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIMフォーラム2016),A3-4,福岡県福岡市,2016年2月29日〜3月2日.
  • 熊本和正,天笠俊之,北川博之,“LINQによるビューを用いたLODに対する分散問合せ”,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIMフォーラム2016),F7-6,福岡県福岡市,2016年2月29日〜3月2日.
  • 小柳涼介,天笠俊之,北川博之,“木構造データに対する類似部分木検索の並列化”,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIMフォーラム2016),D5-4,福岡県福岡市,2016年2月29日〜3月2日.
  • 奥村彩水,天笠俊之,北川博之,“リンク構造解析を用いたLinked Open Dataに対するキーワード検索”,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIMフォーラム2016),F7-4,福岡県福岡市,2016年2月29日〜3月2日.
  • 大津祐汰,Franck Gass,Salman Ahmed Shaikh,天笠俊之,北川博之,“リアルタイムデータと蓄積データを対象としたシームレスなストリームOLAP分析”,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIMフォーラム2016),G1-1,福岡県福岡市,2016年2月29日〜3月2日.
  • 長城沙樹,山口祐人,北川博之,天笠俊之,“オンラインニュースに対するTwitter上での地域局所的な注目の分析及び予測”,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIMフォーラム2016),A6-5,福岡県福岡市,2016年2月29日〜3月2日.

全国大会

  • 草村優太,小澤佑介,天笠俊之,北川博之,“GPUを用いた類似画像検索の高速化”,情報処理学会第78回全国大会,5H-06,神奈川県横浜市,2016年3月10日〜3月12日.
  • 長城沙樹,山口祐人,北川博之,天笠俊之,“Twitter上の社会・地理・内容的特徴を用いたローカルニュースの抽出”,情報処理学会第78回全国大会,6K-04,神奈川県横浜市,2016年3月10日〜3月12日.
  • 丸山純,天笠俊之,北川博之,“EPUB出版物のためのEPUBCFIに基づく索引の提案”,情報処理学会第78回全国大会,6ZD-07,神奈川県横浜市,2016年3月10日〜3月12日.

2014年度

学術論文

  • Yusuke Kozawa, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "Probabilistic Frequent Itemset Mining on a GPU Cluster," IEICE Trans. Info. & Syst., Vol. 97-D, No. 4, pp. 779-789, 2014.
  • 坂倉悠太,山口祐人,天笠俊之,北川博之,“部分グラフに基づく効率的なPageRank推定”,日本データベース学会論文誌,Vol. 13-J, No. 1, pp. 32-39, 2014年10月.
  • 小澤佑介,天笠俊之,北川博之,“データ分割と協調的マージに基づくGPU上の効率的ソートアルゴリズム”,日本データベース学会論文誌,Vol. 13-J, No. 2, pp. 1-6, 2015年2月.
  • 林史尊,小澤佑介,天笠俊之,北川博之,“GPUを用いたCanopyクラスタリングの高速化”,日本データベース学会論文誌,Vol. 13-J, No. 2, pp. 13-18, 2015年2月.
  • 早瀬康裕,中村高士,天笠俊之,北川博之,“トランザクション推定に基づくリポジトリを跨いだロジカルカップリングの検出”, 情報処理学会論文誌,Vol. 56, No. 2, pp. 657-668, 2015年2月16日.

国際会議

  • Toshiyuki Amagasa, Fan Zhang, Jun Sakuma, Hiroyuki Kitagawa, "A Scheme for Privacy-Preserving Ontology Mapping," 18th Int'l Database Engineering & Applications Symposium (IDEAS'14), pp. 87-95, Porto, Portugal, July 7-9, 2014.
  • Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "A Scheme of Automated Object and Facet Extraction for Faceted Search over XML Data," 18th Int'l Database Engineering & Applications Symposium (IDEAS'14), pp. 338-341, Porto, Portugal, July 7-9, 2014. (short paper)
  • Chongjie Li, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, Gautam Srivastava, "Label-bag based Graph Anonymization via Edge Addition," 7th Int'l C* Conference on Computer Science & Software Engineering (C3S2E'14), pp. 1, Montreal, Canada, August 4-6, 2014.
  • Yuta Sakakura, Yuto Yamaguchi, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "An Improved Method for Efficient PageRank Estimation," 25th Int'l Conf. on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2014) (2), pp. 208-222, Munich, Germany, Sept. 1-5, 2014.
  • Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "Frequent-Pattern based Facet Extraction from Graph Data," The 17th Int'l Conf. on Network-Based Information Systems (NBiS-2014), pp. 318-323, Salerno, Italy, Sept. 10-12, 2014.
  • Jun Hwang, Yusuke Kozawa, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "GPU Acceleration of Similarity Search for Uncertain Time Series," The 3rd Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC-2014) in conjunction with NBiS-2014, pp. 627-632, Salerno, Italy, Sept. 10-12, 2014.
  • Savong Bou, Toshiyuki Amagasa and Hiroyuki Kitagawa, "Keyword search with path-based filtering over XML streams," Proc. IEEE 33rd International Symposium on Reliable Distributed Systems (SRDS 2014), pp. 337-338, Nara, Japan, October 6-9, 2014. (Ph. D poster)
  • Yuto Yamaguchi, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, and Yohei Ikawa, "Online User Location Inference Exploiting Spatiotemporal Correlations in Social Streams," The 23rd ACM International Conference on Information and Knowledge Management (CIKM 2014), pp. 1139-1148, Shanghai, China, Nov. 3-7, 2014.
  • Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa and Hiroyuki Kitagawa, "Extracting Facets from Textual Contents for Faceted Search over XML Data," Proc. 16th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS 2014), pp. 420-429, Hanoi, Vietnam, December 4-6, 2014.
  • Savong Bou, Toshiyuki Amagasa and Hiroyuki Kitagawa, "Filtering XML Streams by XPath and Keywords," Proc. 16th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS 2014), pp. 410-419, Hanoi, Vietnam, December 4-6, 2014.

研究会

  • Savong Bou, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "An Improved Method of Keyword Search over Relational Data Streams," A3-2, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015), 福島県郡山市,2015年3月2日〜3月4日.
  • 片岡えり,天笠俊之,Franck Gass,北川博之,“EPUBを対象としたソーシャルリーディングシステムにおけるユーザ分析”,D2-2,第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015), 福島県郡山市,2015年3月2日〜3月4日.
  • 中挾晃介,北川博之,Salman Ahmed Shaikh,天笠俊之,“StreamOLAPにおける問合せの最適化手法”,D6-5,第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015), 福島県郡山市,2015年3月2日〜3月4日.
  • 黄峻,小澤佑介,天笠俊之,北川博之,“GPGPUによる不確実時系列データに対する類似検索の高速化”, G3-5,第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015), 福島県郡山市,2015年3月2日〜3月4日.
  • Silqueira Hickson Cruz Mateus, 小澤佑介,天笠俊之,北川博之,“Efficient Set Similarity Join on Graphics Processors”,G3-1,第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015), 福島県郡山市,2015年3月2日〜3月4日.
  • 熊本和正,天笠俊之,北川博之,“LINQによるビューを用いたLODに対する問合せにおける結合演算のサポート”,E3-3,第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015), 福島県郡山市,2015年3月2日〜3月4日.
  • 伊藤寛祥,天笠俊之,北川博之,“論文データベースにおけるトピックの変遷の検出”,F3-6,第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015), 福島県郡山市,2015年3月2日〜3月4日.

全国大会

  • 小柳涼介,天笠俊之,北川博之,“構造情報の再利用によるXMLデータに対する類似検索の高速化”,第13回情報科学技術フォーラム(FIT2014),D-001,茨城県つくば市,2014年9月3日〜5日.
  • 駒水孝裕,天笠俊之,北川博之,“XMLデータに対するファセット検索のためのファセット抽出の自動化”,第13回情報科学技術フォーラム(FIT2014),D-022,茨城県つくば市,2014年9月3日〜5日.
  • 中挾晃介,北川博之,天笠俊之,“ストリームデータに対するストリーム処理エンジンを用いたOLAP処理”,第13回情報科学技術フォーラム(FIT2014),D-028,茨城県つくば市,2014年9月3日〜5日.
  • 坂元沙季,中挾晃介,北川博之,天笠 俊之,“Stream OLAPのための可視化ユーザインタフェィス”,情報処理学会第77回全国大会,4N-07,2015年3月17日〜3月19日.
  • 長裕敏,王岩,北川博之,天笠俊之,“半構造データに対するストリーム処理とバッチ処理の統合フレームワーク”,情報処理学会第77回全国大会,5M-07,2015年3月17日〜3月19日.
  • 上田紗希,山口祐人,北川博之,天笠俊之,“時間的関係を考慮したラベル伝搬によるツイート発信地推定”,情報処理学会第77回全国大会,4N-03,2015年3月17日〜3月19日.
  • 奥村彩水,天笠俊之,北川博之,“"Linked Open Dataに対するキーワード検索手法の提案”,情報処理学会第77回全国大会,6N-03,2015年3月17日〜3月19日.
  • 伊藤寛祥,天笠俊之,北川博之,“非負値行列分解を用いた論文データベースにおけるトピック変遷の検出”,情報処理学会第77回全国大会,5N-03,2015年3月17日〜3月19日.

2013年度

学術論文

  • 井上寛之,天笠俊之,北川博之,“LODのOLAP分析を可能にするETLフレームワークの提案”,日本データベース学会論文誌, Vol. 12, No. 1, pp. 79-84, 2013年6月.
  • 金子静花, 渡辺知恵美, 柿澤美穂, 天笠俊之,“暗号化データベースにおける多属性索引に対する統計攻撃モデルと攪乱戦略”,日本データベース学会論文誌, Vol. 12, No. 1, pp. 109-114, 2013年6月.
  • 山口祐人,伊川洋平,天笠俊之,北川博之,“ソーシャルメディアにおけるローカルイベントを用いたユーザ位置推定手法”,情報処理学会論文誌データベース,Vol. 6, No. 5 (TOD60),pp. 23--37, 2013年12月.

国際会議

  • Hiroyuki Inoue, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "An ETL Framework for Online Analytical Processing of Linked Open Data," The 14th International Conference on Web-Age Information Management (WAIM 2013), pp. 111-117, Beidaihe, China, June 14-16, 2013. (short paper)
  • Yuto Yamaguchi, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Recommending Fresh URLs using Twitter Lists," The 7th International AAAI Conference on Weblogs and Social Media (ICWSM-13), pp. 733-736, Boston, USA, July 8-10, 2013. (poster paper)
  • Tadashi Murakami, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "FlexORM: A Flexible Object-Relational Mapping Framework based on a Conceptual Model", The 37th Annual International Computer Software & Applications Conference (COMPSAC 2013), pp. 589-598, Kyoto, Japan, July 22-26, 2013.
  • Yusuke Kozawa, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Parallel Probabilistic Frequent Itemset Mining Using Multiple GPUs," the 24th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2013) (1), pp. 145-152, Prague, Czech Republic, August 26-29, 2013. (short paper)
  • Toshiyuki Amagasa, Mana Seino, and Hiroyuki Kitagawa, "Energy-Efficient XML Stream Processing through Element-Skipping Parsing," DEXA Workshops 2013 (Workshop on ICT as Key Technology against Global Warming (ICT-GLOW'13)), pp. 254-258, Prague, Czech Republic, August 26-29, 2013.
  • Kousuke Nakabasami, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Querying MongoDB with LINQ in a Server-side JavaScript Environment," the 2nd Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC-2013) in conjunction with 16th NBiS-2013, pp. 344-349, Gwangju, Korea, September 4-6, 2013.
  • Yuto Yamaguchi, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Landmark-based user location inference in social media," ACM Conference on Online Social Networks (COSN'13), pp. 223-234, Boston, USA, Oct. 7-8, 2013.
  • Yuta Sakakura, Yuto Yamaguchi, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "A Local Method for ObjectRank Estimation," The 15th Int'l Conf. on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS2013), pp. 92-101, Vienna, Austria, Dec. 2-4, 2013.
  • Eri Kataoka, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "A System for Social Reading based on EPUB3," The 15th Int'l Conf. on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS2013), pp. 72-76, Vienna, Austria, Dec. 2-4, 2013. (short paper)

研究会

  • Savong Bou, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, “Path-based Keyword Search over XML Streams”, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014), A1-5, 兵庫県淡路市,2014年3月2日〜4日.
  • 小澤佑介,天笠俊之,北川博之,“データ分割と協調的マージに基づくGPU上の効率的ソートアルゴリズム”,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014),A2-1,兵庫県淡路市,2014年3月2日〜4日.
  • 中挾晃介,北川博之,天笠俊之,“ストリーム処理エンジンを用いたストリームデータのOLAP処理”,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014),D3-1,兵庫県淡路市,2014年3月2日〜4日.
  • 黄峻,小澤佑介,天笠俊之,北川博之,“GPGPUを用いた不確実時系列データ類似検索の高速化”,D5-1,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014),兵庫県淡路市,2014年3月2日〜4日.
  • 林史尊,小澤佑介,天笠俊之,北川博之,“GPUを用いたCanopyクラスタリングの高速化”,D5-4,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014),兵庫県淡路市,2014年3月2日〜4日.
  • 坂倉悠太,山口祐人,天笠俊之,北川博之,“部分グラフに基づく効率的なPageRank推定”,D6-4,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014),兵庫県淡路市,2014年3月2日〜4日.
  • 井上寛之,天笠俊之,北川博之,“INQを用いたLinked Open Dataに対する問合せ”,D7-2,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014),兵庫県淡路市,2014年3月2日〜4日.
  • 小柳涼介,天笠俊之,北川博之,“テキストおよび構造の類似度に基づいたXMLデータに対する効率的な類似検索”,D7-4,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014),兵庫県淡路市,2014年3月2日〜4日.

全国大会

  • 小柳涼介,天笠俊之,北川博之,“大規模XMLデータにおける効率的な重複データ検出”,情報処理学会第76回全国大会,3N-8,東京電機大学,2014年3月11日〜3月13日.
  • 熊本和正,天笠俊之,北川博之,“テンソル分解を用いたレビューデータの分析”,情報処理学会第76回全国大会,3N-8,東京電機大学,2014年3月11日〜3月13日.

2012年度

学術論文

  • Shohei Ohsawa, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "RDF Packages: A Scheme for Efficient Reasoning and Querying over Large-Scale RDF Data," International Journal of Web Information Systems (IJWIS), Vol. 8, No. 2, pp. 212-233, 2012.
  • Yuto Yamaguchi, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Tagging users based on Twitter lists," Int. J. Web Engineering and Technology, Vol. 7, No. 3, pp. 273-298, 2012.
  • 太田壮祐,森嶋厚行,天笠俊之,品川徳秀,“関数従属性と包含従属性を用いたXML-RDBマッピングの提案と評価”,情報処理学会論文誌データベース,Vol. 5, No. 3 (TOD55), pp. 1-14, 2012.
  • Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "Faceted Navigation Framework for XML Data," International Journal of Web Information Systems (IJWIS), Vol. 8, No. 4, pp. 348-370, 2012.
  • 林史尊,天笠俊之,北川博之,海老沢研,中平聡志,“動的タイムワーピング距離を用いたX線天文データの類似検索”,宇宙科学情報解析論文誌(宇宙航空研究開発機構研究開発報告),Vol. 2(JAXA-RR-12-006), pp. 19--27, 2013年3月.

国際会議

  • Yuta Sakakura, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "Detecting Social Bookmark Spams using Multiple User Accounts," The 1st Int'l Workshop on Social Knowledge Discovery and Utilization (SKDU2012) in conjunction with IEEE/ACM ASONAM2012, Istanbul, Turkey, August 26-29, 2012.
  • Takahiro Komamizu, Mariko Kamie, Kazuhiro Fukui, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "A Scheme of Fragment-based Faceted Image Search," Proc. 23rd International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA2012), pp. 450-457, Vienna, Austria, Sept. 3-7, 2012. (short paper)
  • Yusuke Kozawa, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "GPU Acceleration of Probabilistic Frequent Itemset Mining from Uncertain Databases," Proc. 21st ACM International Conference on Information and Knowledge Management (CIKM 2012), pp. 892-901, Sheraton, Maui Hawaii, October 29-November 2, 2012.

研究会

  • 村上直,天笠俊之,北川博之,“概念モデルに基づく柔軟なO/Rマッピングを実現するフレームワークDBPowderの提案”,情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS), 2012-DBS-154(13), pp. 1-8, 2012年7月25日.
  • 片岡えり,天笠俊之,北川博之,“EPUBCFIを用いた読書情報管理システムの提案”,情報処理学会研究報告デジタルドキュメント(DD), 2012-DD-87(2), pp. 1-8,2012年12月15日.
  • 井上寛之,天笠俊之,北川博之,“LODのOLAP分析を可能にするETLフレームワークの提案”,第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2013),B2-3, 2013年3月3日〜5日.
  • Chongjie Li, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, An Improved Label-bag based Graph Anonymization based on Utility", 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2013),E4-3,2013年3月3日〜5日.
  • 山口祐人,伊川洋平,天笠俊之,北川博之,“ソーシャルストリームからのイベント検出とユーザ位置推定の統合”,第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2013),A5-2, 2013年3月3日〜5日.
  • 小澤佑介,天笠俊之,北川博之,“複数GPUによる確率的頻出アイテム集合マイニングの高速化”,第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2013),A7-2,2013年3月3日〜5日.
  • 坂倉悠太,山口祐人,天笠俊之,北川博之,“局所計算に基づくObjectRank推定”,第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2013),E9-4,2013年3月3日〜5日.
  • 高橋毅,天笠俊之,北川博之,“評価値の時系列変化に着目したユーザレビューの分析”,第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2013),D10-4,2013年3月3日〜5日.
  • 金子静花,渡辺知恵美,柿澤美穂,天笠俊之,“Encrypted DBMSのための安全かつ高速な多属性索引の諸検討”,第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2013),F5-5,2013年3月3日〜5日.

全国大会

  • 片岡えり,天笠俊之,北川博之,“EPUBCFIを用いた読書関連情報の管理と検索”,情報処理学会第75回全国大会,5N-6,東北大学,2013年3月6日〜3月8日.
  • 中挾晃介,天笠俊之,北川博之,“JavaScript処理系におけるLINQを用いたNoSQLストレージに対する問合せ処理”,情報処理学会第75回全国大会,2N-5,東北大学,2013年3月6日〜3月8日.
  • トラン ヴァン ディエン,天笠俊之,北川博之,“天体物理学文献データベースADSからの情報抽出”,情報処理学会第75回全国大会,4P-3,東北大学,2013年3月6日〜3月8日.

2011年度

学術論文

  • 山口祐人,天笠俊之,高橋翼,北川博之,“情報伝搬を考慮したグラフ分析によるTwitterユーザランキング手法”,情報処理学会論文誌データベース,Vol. 4, No. 2 (TOD50), pp. 142-157, 2011.
  • 宇井敬一朗,天笠俊之,北川博之,“単語の専門性に着目した気象学論文からの専門語抽出”,宇宙科学情報解析論文誌(宇宙航空研究開発機構研究開発報告 JAXA-RR-11-007), Vol. 1, pp. 157-169, 2012年3月.

国際会議

  • Kouassi Koffi Eli, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa,"Efficient Probabilistic Latent Semantic Indexing using Graphics Processing Unit," The International Conference on Computational Science (ICCS 2011) (Procedia CS 4), pp. 382-391, Singapore, June 1-3, 2011.
  • Yuto Yamaguchi, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Tag-based User Topic Discovery using Twitter Lists," The International Conference on Advances in Social Network Analysis and Mining (ASONAM 2011), pp. 13-20, Kaohsiung City, Taiwan, July 25-27, 2011.
  • Yusuke Kozawa, Toshiyuki Amagasa and Hiroyuki Kitagawa, "Fast Frequent Itemset Mining from Uncertain Databases Using GPGPU," 5th International Workshop on Management of Uncertain Data (MUD 2011) in conjunction with the 37th International Conference on Very Large Data Bases (VLDB 2011), pp 17-24, Seattle, Washington, August 29, 2011.
  • Chiemi Watanabe, Toshiyuki Amagasa, Ling Liu, "Vulnerabilities and Countermeasures in Social Network Publication," 7th International Conference on Collaborative Computing: Networking, Applications and Worksharing (CollaborateCom 2011), pp. 55-66, Orlando, Florida, USA, October 15-18, 2011. (Invited)
  • Takahiro Komamizu, Yuto Yamaguchi, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "FACTUS: Faceted Twitter User Search using Twitter Lists," The 12th International Conference on Web Information System Engineering (WISE 2011), pp. 343-344, Sydney, Australia, October 13-14, 2011. (demo paper)
  • Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "A Framework of Faceted Navigation for XML Data," The 13th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS2011), pp. 28-35, Ho Chi Minh City, Vietnam, 5-7 December, 2011.
  • Sosuke Ota, Atsuyuki Morishima, Toshiyuki Amagasa and Norihide Shinagawa, "C-Mapping: A Flexible XML-RDB Mapping Method based on Functional and Inclusion Dependencies," The 27th ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2012), pp. 834-839, Riva del Garda (Trento), Italy, March 26-30, 2012.

研究会

  • 小澤佑介,天笠俊之,北川博之,“GPGPUを用いた不確定データベースからの高速な頻出アイテム集合マイニング”,電子情報通信学会技術研究報告(DE),Vol. 111, No. 76, pp. 49-54, 2011年5月30日.
  • 山口祐人,天笠俊之,北川博之,“マイクロブログにおけるユーザ専門性を考慮したWebページ推薦”,第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2012),F2-4,2012年3月3日〜5日.
  • 駒水孝裕,天笠俊之,北川博之,“グラフデータに対するファセット探索のための頻出パターンを利用したオブジェクト抽出手法”,第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2012),D3-3,2012年3月3日〜5日.
  • 高橋毅,天笠俊之,北川博之,“レビューデータにおける評価の時系列的変化に着目したイベント検出”,第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2012),F6-2,2012年3月3日〜5日.
  • 小澤佑介,天笠俊之,北川博之,“GPUによる不確実データベースからの確率的頻出アイテム集合マイニングの高速化”,第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2012),F6-5,2012年3月3日〜5日.
  • Chongjie Li, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "Label-bag based Graph Anonymization by Edge Addition", 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2012),B7-3,2012年3月3日〜5日.
  • 金子静花,渡辺知恵美,天笠俊之,“ブルームフィルタを用いたプライバシ保護検索システムSemi-ShuffedBFの問合せ高速化についての諸検討”,第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2012),B7-4,2012年3月3日〜5日.
  • 張帆,天笠俊之,北川博之,佐久間淳,“プライバシーを保護したオントロジーマッピング手法”,第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2012),B7-6,2012年3月3日〜5日.
  • 清野真奈,天笠俊之,北川博之,“XMLストリームに対する省電力を考慮した問合せ処理”,第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2012),E11-4,2012年3月3日〜5日.
  • 大澤昇平,天笠俊之,北川博之,“RDFS Induction: URIの共通性を利用したLinked Dataに対するスキーマ推定手法”,第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2012),E11-6,2012年3月3日〜5日.

全国大会

  • 井上寛之,天笠俊之,北川博之,“OLAPを利用したLinked Dataの分析処理”,情報処理学会 第74回全国大会講演論文集, 2012(1), pp. 589-591, 2012年3月6日.
  • 坂倉悠太,天笠俊之,北川博之,“ソーシャルブックマークにおける複数のユーザアカウントを用いた集中的ブックマークの検出”,情報処理学会 第74回全国大会講演論文集, 2012(1), pp. 609-611, 2012月3月6日.
  • 林史尊,天笠俊之,北川博之,海老沢研,中平聡志,“動的タイムワーピング距離を用いたX線天文データの類似検索”,情報処理学会 第74回全国大会講演論文集, 2012(1), pp. 633-635, 2012年3月6日.

2010年度

著書

  • Hiroyuki Kitagawa, Yousuke Watanabe, Hideyuki Kawashima, and Toshiyuki Amagasa, "Stream-based Real World Information Integration Framework" in "Wireless Sensor Network Technologies for Information Explosion Era" (Springer book series "Studies in Computational Intelligence").

学術論文

  • Imam Machdi, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Parallel Holistic Twig Joins on a Multi-core System," International Journal of Web Information Systems (IJWIS), Vol. 6, No. 2, pp. 149-177, 2010.
  • Hasan Kadhem, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "MV-OPES: Multivalued-Order Preserving Encryption Scheme: A Novel Scheme for Encrypting Integer Value to Many Different Values," IEICE Trans. Info. & Syst., Vol. E93-D, No. 9, pp. 2520-2533, Sept. 2010.

国際会議

  • Takashi Takagi, Hideyuki Kawashima, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "Provinding Constructed Buildings Information by ASTER Satellite DEM Images and Web Contents", Data Intensive eScience Workshop (DIEW 2010) in conjunction with DASFA2010, pp. 81-92, April 4, 2010.
  • Hang Shi, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Fast Detection of Functional Dependencies in XML Data," 7th International XML Database Symposium (XSym 2010) in conjunction with VLDB2010, pp. 113-127, September 17, 2010.
  • Toshiyuki Amagasa, Noriyoshi Ishii, Tomoteru Yoshie, Osamu Tatebe, Mitsuhisa Sato, Hiroyuki Kitagawa, "A Faceted-Navigation System for QCDml Ensemble XML Data," Fifth International Conference on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing (3PGCIC-2010) in conjunction with BWCCA-2010, pp. 132-139, Fukuoka, Japan, November 4-6, 2010.
  • Hasan Kadhem, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "A Secure and Efficient Order Preserving Encryption Scheme for Relational Databases," International Conference on Knowledge Management and Information Sharing (KMIS 2010), Valencia, Spain, October 25-28, 2010.
  • Ngo Sy Viet Phu, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "Extracting XML Data from the Web," The 12th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS2010), pp. 117-114, Paris, France, November 8-10, 2010.
  • Shohei Ohsawa, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "RDF-Packages: A Scheme for Efficient Reasoning and Querying over Large-Scale RDF Data," The 12th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS2010). pp. 339-346, Paris, France, November 8-10, 2010.
  • Yuto Yamaguchi, Tsubasa Takahashi, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "TURank: Twitter User Ranking based on User-Tweet Graph Analysis," The 11th International Conference on Web Information Systems Engineering (WISE 2010), pp. 240-253, Hong Kong, China, December 12-14, 2010.

研究会

  • 山口祐人,天笠俊之,北川博之,“リストを用いたTwitterユーザのタグ付け手法”,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), A1-1, 2011年2月27日〜3月1日.
  • 寺島慎太郎,天笠俊之,北川博之,“XMLデータにおける類似極大部分木の効率的な探索”,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), E1-2, 2011年2月27日〜3月1日.
  • Kouassi Koffi Eli, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "Efficient Probabilistic Latent Semantic Indexing using Graphics Processing Unit",第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), B2-1, 2011年2月27日〜3月1日.
  • 渡邊桂太,天笠俊之,北川博之,“ソーシャルブックマークにおける時系列分析とグラフ構造解析を用いたスパマー検出”,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), C4-5, 2011年2月27日〜3月1日.
  • 金子静花,渡辺知恵美,天笠俊之,“Semi-ShuffledBF:ブルームフィルタを用いた安全かつより高速なプライバシ保護検索手法の提案”,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), C5-3, 2011年2月27日〜3月1日.
  • Hasan Kadhem, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "Optimization Techniques for Range Queries in the Multivalued-Partial Order Preserving Encryption Scheme", 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), C5-6, 2011年2月27日〜3月1日.
  • 郭楽,北川博之,天笠俊之,“不確実データ集合に対する距離に基づく外れ値検出”,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), E5-1, 2011年2月27日〜3月1日.
  • 駒水孝裕,天笠俊之,北川博之,“キーワード検索が可能なXMLデータに対するファセット探索”,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), E6-1, 2011年2月27日〜3月1日.
  • 太田壮祐,森嶋厚行,天笠俊之,“関数従属性と包含従属性を用いたXML-RDBマッピング”,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), E6-3, 2011年2月27日〜3月1日.
  • Ngo Sy Viet Phu, 天笠俊之,北川博之,“Webページを対象としたXMLデータ抽出手法の評価”,情報処理学会研究報告デジタルドキュメント (DD), Vol. 2011-DD-80 No. 4, pp. 1-8, 2011.

全国大会

  • 小澤佑介,天笠俊之,北川博之,“GPGPUを用いた不確定データベースからの高速な頻出アイテムセット抽出”,情報処理学会全国大会講演論文集, 6J-6, 東京工業大学,2011年3月6日〜8日.
  • 于 美麗,天笠俊之,北川博之,“レコード間の相関を用いたWeb情報統合方式の評価”,情報処理学会全国大会講演論文集, 1M-4, 東京工業大学,2011年3月6日〜8日.
  • 高橋 毅,天笠俊之,北川博之,“相関ルールに基づく外れ値検出手法を用いたユーザレビュー情報の分析”,情報処理学会全国大会講演論文集, 2M-5, 東京工業大学,2011年3月6日〜8日.
  • 駒水孝裕,天笠俊之,北川博之,“XMLデータに対するファセット検索のユーザビリティ評価”,情報処理学会全国大会講演論文集, 4N-3, 東京工業大学,2011年3月6日〜8日.(学生奨励賞受賞)
  • 添野隆之,天笠俊之,北川博之,“確率的スキーママッチングによる複数XMLデータに対する問合せ”,情報処理学会全国大会講演論文集, 4N-5, 東京工業大学,2011年3月6日〜8日.
  • 宇井敬一朗,天笠俊之,北川博之,“単語の専門性に着目した気象学論文データベースからの専門語抽出”,情報処理学会全国大会講演論文集, 4R-5, 東京工業大学,2011年3月6日〜8日.
  • 張帆,天笠俊之,北川博之,“プライバシーを保護したオントロジーマッピング手法”,情報処理学会全国大会講演論文集, 5Y-3, 東京工業大学,2011年3月6日〜8日.

解説

  • 北川博之,石川佳治,天笠俊之,"I" 見聞録 The 15th International Conference on Database Systems for Advanced Applications (DASFAA2010), 情報処理,Vol. 51, No. 6, pp. 725-731, 2010年6月.
  • 北川博之,川島英之,天笠俊之,「センシングデータ処理基盤技術 −ストリームデータ処理−」,特集 センシングネットワーク,情報処理,Vol. 51, No. 9, pp. 1119-1126, 2010年9月.

講演

  • 天笠俊之,“一対多マッピングに基づくリレーショナルデータベースのプライバシー保護検索”,研究集会「官庁統計データの公開における諸問題の研究と他分野への応用」,統計数理研究所・セミナー室5(東京都立川市緑町10-3),2010年10月30日(土).
  • 宇井敬一郎,天笠俊之,北川博之,“単語の専門性に着目した気象学論文データベースからの専門語抽出”,第3回データ科学ワークショップ(科学情報学研究会),筑波大学計算科学研究センター・国際ワークショップ室,2010年11月25日(木), 26日(金).(URL)
  • 天笠俊之,川島英之,北川博之, “大規模科学データに対するデータ工学的アプローチ”,平成22年度宇宙科学情報解析シンポジウム「宇宙科学と大規模データ」,宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 相模原キャンパス 新A棟2階会議室A,2011年2月16日(水).(URL)

2009年度

学術論文

  • Imam Machdi, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "XML Data Partitioning Schemes for Parallel Holistic Twig Joins", International Journal of Web Information Systems (IJWIS), Volume 5, Issue 2, pp. 151-194, 2009.
  • Chantola Kit, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Algorithms for Efficient Structure-Based Grouping in XML-OLAP", International Journal of Web Information Systems (IJWIS), Volume 5, Issue 2, pp. 122-150, 2009.
  • 寺島慎太郎,天笠俊之,北川博之,“木直列化に基づくXMLデータの類似結合における木構造の統合”,日本データベース学会論文誌, Vol. 8, No. 1, pp. 47-52. 2009年6月.
  • 渡辺知恵美, 新井裕子, 天笠俊之,“ブルームフィルタを用いたプライバシ保護検索における攻撃モデルとデータ撹乱法の一検討”,日本データベース学会論文誌, Vol. 8, No. 1, pp. 113-118. 2009年6月.
  • Hasan Kadhem, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Mixed Encryption over Semi-Trusted Datebase", MASAUM Journal of Basic and Applied Science (MJBAS), Vol. 1, Issue. 2, pp. 302-312, 2009.

国際会議

  • Hasan Kadhem, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Encryption over Semi-trusted Database", DASFAA 2009 Ph. D Workshop (DASFAA Workshops 2009), pp. 358-362, Brisbane, Australia, April 21-23, 2009.
  • Hasan Kadhem, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "A Novel Framework for Database Security based on Mixed Cryptography", The Fourth International Conference on Internet and Web Applications and Services (ICIW 2009), pp. 163-170, Venice, Italy, May 24-28, 2009.
  • Imam Machdi, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Executing Parallel TwigStack Algorithm on a Multi-core System", The 11th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS2009), pp. 176-184, Kuala Lumpur, Malaysia, December 14-16, 2009.

研究会

  • 天笠俊之,ゴーシーヴィエトフー,北川博之,「Webページを対象としたXMLデータ抽出手法の検討」,情報処理学会研究報告 (DD), 2009-DD-073(4), pp. 1-7, 2009年9月.
  • 駒水孝裕,天笠俊之,北川博之,「異種XMLデータに対するファセット検索手法の提案」,情報処理学会研究報告 (DD), 2009-DD-073(7), pp. 1-8, 2009年9月.
  • 川島英之,北川博之,天笠俊之,「データストリーム処理における適応的な来歴保存方式」,電子情報通信学会技術研究報告 (DE), 109 (153), pp. 37-42, 2009年7月.
  • 高木崇,川島英之,天笠俊之,北川博之,「ASTER衛星画像とWebコンテンツを用いた新築建造物の検出」,電子情報通信学会技術研究報告 (DE), 109 (186), pp. 59-64, 2009年9月.
  • Imam Machdi, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "Task Parallelism for TwigStack Algorithm on a Multi-core System", 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2010), C8-2, 2010年2月28日〜3月2日. (学生奨励賞受賞)(最優秀論文賞受賞)
  • Hasan Kadhem, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "An Encryption Scheme to Prevent Statistical Attacks in the DAS Model", 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2010), B5-5, 2010年2月28日〜3月2日.
  • 木村広希,天笠俊之,川島英之,北川博之,“サポートベクターマシンと隠れマルコフモデルを用いた気圧配置分類手法”,第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2010), F4-2, 2010年2月28日〜3月2日.
  • 高木崇,川島英之,天笠俊之,北川博之,“時系列ASTER衛星画像とWebコンテンツを用いた建造物生成イベントの検出”,第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2010), F4-1, 2010年2月28日〜3月2日.
  • 駒水孝裕,天笠俊之,北川博之,“異種XMLデータに対するファセット検索における多様な検索”,第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2010), C7-5, 2010年2月28日〜3月2日.(学生奨励賞受賞)
  • 渡邊桂太,高橋翼,天笠俊之,北川博之,“グラフ構造解析を用いたソーシャルブックマークにおけるスパマー検出”,第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2010), B4-5, 2010年2月28日〜3月2日.

全国大会

  • 于美麗,天笠俊之,北川博之,“アソシエーション抽出を用いたWeb情報の統合方式”,情報処理学会全国大会講演論文集 第72回平成22年(1), "1-639"-"1-640", 東京大学,2010年3月8日.
  • 山口卓郎,天笠俊之,北川博之,“センサネットに対するXMLビューの提案”,情報処理学会全国大会講演論文集 第72回平成22年(1), "1-671"-"1-672", 東京大学,2010年3月8日.
  • 山口祐人,高橋 翼,天笠俊之,北川博之,“リンク構造解析によるTwitterユーザのランキング手法”,情報処理学会全国大会講演論文集 第72回平成22年(1), "1-751"-"1-752", 東京大学,2010年3月8日.
  • 李重頡,天笠俊之,北川博之,"Efficient Privacy Preserving Query Processing using GPGPU", 情報処理学会全国大会講演論文集 第72回平成22年(1), "1-811"-"1-812", 東京大学,2010年3月8日.
  • 大澤昇平,天笠俊之,北川博之,“マイクロブログにおけるコミュニティの抽出と分析”,情報処理学会全国大会講演論文集 第72回平成22年(1), "1-827"-"1-828", 東京大学,2010年3月8日.(学生奨励賞受賞)
  • 渡邊桂太,高橋翼,天笠俊之,北川博之,“グラフ解析に基づくソーシャルブックマークにおけるスパマー検出”,情報処理学会全国大会講演論文集 第72回平成22年(1), "1-831"-"1-832", 東京大学,2010年3月8日.
  • 郭楽,天笠俊之,北川博之,“不確定性を有するデータ集合に対する外れ値検出”,情報処理学会全国大会講演論文集 第72回平成22年(1), "1-837"-"1-838", 東京大学,2010年3月8日.
  • 史航,天笠俊之,北川博之,"On Finding Functional Dependencies in XML Data", 情報処理学会全国大会講演論文集 第72回平成22年(1), "1-903"-"1-904", 東京大学,2010年3月8日.
  • 太田壮祐,森嶋厚行,天笠俊之,只石正輝,“一貫性制約を考慮したデータ管理のためのXML-RDBマッピング手法”,情報処理学会全国大会講演論文集 第72回平成22年(1), "1-905"-"1-906", 東京大学,2010年3月8日.
  • 清野真奈,天笠俊之,北川博之,“注釈によるトレーサビリティ機能を持つXQuery処理系の実装”,情報処理学会全国大会講演論文集 第72回平成22年(1), "1-907"-"1-908", 東京大学,2010年3月8日.
  • 田中勇也,佐用 健,天笠俊之,田中二郎,“関係データベースに基づくXPath2.0処理器の開発-XPath式の構文解析および中間表現への変換-”,情報処理学会全国大会講演論文集 第72回平成22年(1), "1-911"-"1-912", 東京大学,2010年3月8日.
  • 佐用 健,田中勇也,天笠俊之,田中二郎,“関係データベースに基づくXPath2.0処理器の開発-XMLデータ再構築について-”,情報処理学会全国大会講演論文集 第72回平成22年(1), "1-913"-"1-914", 東京大学,2010年3月8日.
  • 菊森佳幹,天笠俊之,川島英之,北川博之,“流域水循環シミュレーションシステムと河川・流域データベースの連携”,情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会講演論文集,東京大学,2010年3月8日〜12日.
  • 駒水孝裕,天笠俊之,北川博之,“異種XMLデータに対するファセット検索システムの性能評価”,情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会講演論文集,東京大学,2010年3月8日〜12日.
  • SY VIET PHU NGO,天笠俊之,北川博之,“属性の共起関係に着目したWWWからの効率的なXMLデータ抽出”,情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会講演論文集,東京大学,2010年3月8日〜12日.

2008年度

学術論文

  • Imam Machdi, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Cube-Based Analysis for Maintaining XML Data Partition for Holistic Twig Joins", Journal of the DBSJ, Vol. 7, No. 1, pp. 121-126, June 2008.
  • 李暁晨,天笠俊之,北川博之,“構造型P2Pネットワークにおけるキーワードを含むXPathによるXML文書検索”,日本データベース学会論文誌,Vol. 7, No. 3, pp. 67-72, 2008年12月.

国際会議

  • Xiaochen Li, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Searching XML Documents by Keywords in Structured P2P Networks", 3rd International Workshop on XML Data Management Tools and Techniques (XANTEC'08) in conjunction with DEXA 2008, pp. 274-278, Turin, Italy, Sept. 1-5 2008.
  • Imam Machdi, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "GMX: An XML Data Partitioning Scheme for Holistic Twig Joins", The 10th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS2008), pp, 137-146, Linz, Austlia, November 24-26, 2008.
  • Chantola Kit, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Algorithms for Efficient Structure-Based Grouping in XML-OLAP", The 10th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS2008), pp. 170-177, Linz, Austlia, November 24-26, 2008.
  • Imam Machdi, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "XML Data Partitioning Strategies to Improve Parallelism in Parallel Holistic Twig Joins", The 3rd International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication (ICUIMC 2009), pp. 471-480, SKKU, Suwon, Korea, January 15-16, 2009.

国際会議(デモ)

  • Keiichirou Ui, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "A FUSE-Based Tool for Accessing Meteorological Data in Remote Servers," 20th International Conference on Scientific and Statistical Database Management (SSDBM), pp. 592-597, Hong Kong, China, July 9-11, 2008. (demo paper)

国際会議(ポスター)

  • Keiichiro Ui, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, and Takeshi Horinouchi, "A FUSE-based access tool for scientific data on the Web," Fifty Years after IGY -Modern Information Technologies and Earth and Solar Sciences-, Tsukuba, Japan, November 11-13, 2008. (poster paper)

国内ワークショップ(査読付き)

  • 宇井敬一朗,天笠俊之,北川博之,堀之内武,“シーケンスマイニングによる遠隔気象データへの HTTP アクセスの効率化”,Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2008), ISSN 1882-0840, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, IPSJ Symposium Series, Vol. 2008, No. 2, 2008年12月1日〜2日.

研究会

  • 天笠俊之, 石井理修, 吉江友照, 建部修見, 佐藤三久, “XMLデータを対象としたファセット検索インタフェースの生成”, 情報処理学会研究報告 (DD), 2008(53),pp. 7-13, 2008年6月5日.
  • Chantola Kit, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "Algorithms for Efficient Structure-based Grouping in XML-OLAP", 情報処理学会研究報告 (DBS), 2008(56), pp. 137-137 (jDBワークショップ2008), 2008年6月19日〜20日.
  • 李暁晨,天笠俊之,北川博之,“構造型P2Pネットワークにおけるキーワードを含むXPathによるXML文書検索”,情報処理学会研究報告 (DBS), 2008(88), pp. 295-300 (iDB フォーラム2008).2008年9月21日〜23日.
  • 柿木健,北川博之,天笠俊之,“レコードデータに対するリッジ問合せ”,情報処理学会研究報告 (DBS), 2008(88), pp. 271-276 (iDBフォーラム2008).2008年9月21日〜23日
  • Imam Machdi, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "An Algorithm for Parallel Holistic Twig Joins on a PC Cluster", 情報処理学会研究報告 (DBS), 2008(88), pp. 1-6 (iDBフォーラム2008 英語セッション), 2008年9月21日〜23日.
  • 大喜恒甫,渡辺陽介,秋山亮,北川博之,天笠俊之,川島英之,“対象情報源の動的変化を考慮した分散ストリーム処理最適化手法の提案”,情報処理学会研究報告 (DBS), 2008(88), pp. 265-270 (iDBフォーラム2008),2008年9月21日〜23日.
  • KIT Chantola, AMAGASA Toshiyuki, KITAGAWA Hiroyuki, "Evaluating Algorithms for TOPOLOGICAL ROLLUP in XML-OLAP", 電子情報通信学会技術研究報告 (DE), 108(211), pp. 17-18 (iDBフォーラム2008 ポスターセッション), 2008年9月21日〜23日.
  • 王毅,天笠俊之,北川博之,“オントロジを利用した異種河川測量データの統合”,電子情報通信学会技術研究報告 (DE), 108(211), pp. 21-22 (iDBフォーラム2008 ポスターセッション), 2008年9月21日〜23日.
  • 永元芳幸,天笠俊之,北川博之,“注釈を利用したXMLデータのためのトレーサビリティ機構の提案”,第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2009), セッションD1, 2009年3月8日〜11日.
  • 高木崇,川島英之,天笠俊之,北川博之,“イベント検知に基づく衛星画像とWebコンテンツの統合”,第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2009), セッションB2, 2009年3月8日〜11日.
  • 渡辺知恵美,新井裕子,天笠俊之“ブルームフィルタを用いたプライバシ保護検索における攻撃モデルとデータ撹乱法の一検討”,第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2009), セッションD4, 2009年3月8日〜11日.
  • 寺島慎太郎,天笠俊之,北川博之,“木直列化に基づくXMLデータの類似結合における木構造の統合”,第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2009), セッションB5, 2009年3月8日〜11日.
  • 李暁晨,天笠俊之,北川博之,“DHTにおけるXPathに基づくXMLキーワード検索の性能評価”,第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2009), セッションB5, 2009年3月8日〜11日.
  • 駒水孝裕,天笠俊之,北川博之,“XMLデータに対するファセットナビゲーションのためのフレームワークFoXの提案”,第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2009), セッションB7, 2009年3月8日〜11日.
  • 柿木健,北川博之,天笠俊之,“レコードデータに対するリッジ問合せの性能評価”,第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2009), セッションE7, 2009年3月8日〜11日.

講演

  • 天笠俊之,“XML データベース (再) 入門”,チュートリアル“ウェブインテリジェンスを支える XML (再) 入門”,第13回Webインテリジェンスとインタラクション研究会,2008年12月11日(木).[サポートページ]

2007年度

学術論文

  • 呉俊輝,天笠俊之,北川博之,“構造型P2Pネットワークにおける負荷分散を考慮したXMLデータ処理”,日本データベース学会Letters, Vol. 6, No. 1, pp. 93-96 2007年6月.
  • 山田真一,渡辺陽介,北川博之,天笠俊之,“データストリーム管理システムHarmonicaの設計と実装”,情報処理学会論文誌:データベース,Vol. 48, No. SIG 14 (TOD 35), pp. 91-106. 2007.

国際会議

  • Chantola Kit, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "OLAP Query Processing for XML Data in RDBMS," The Third IEEE International Workshop on Databases for Next-Generation Researchers (SWOD2007) in conjunction with ICDE2007, Istanbul, Turkey, April 15, 2007.
  • Toshiyuki Amagasa, Chunhui Wu, and Hiroyuki Kitagawa, "Retrieving Arbitrary XML Fragments from Structured Peer-to-Peer Networks," Joint Conference of the 9th Asia-Pacific Web Conference and the 8th International Conference on Web-Age Information Management (APWeb/WAIM 2007), pp. 317-328, Huang Shan (Yellow Mountains), China, June 2007.
  • Toshiyuki Amagasa, Lianzi Wen, and Hiroyuki Kitagawa, "Proximity Search of XML Data using Ontology and XPath Edit Similarity", 18th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA2007), pp. 298-307, Regensburg, Germany, Sept., 2007.
  • Yousuke Watanabe, Shinichi Yamada, Hiroyuki Kitagawa, and Toshiyuki Amagasa, "Integrating a Stream Processing Engine and Databases for Persistent Streaming Data Management", 18th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA2007), pp. 414-422,, Regensburg, Germany, Sept., 2007.
  • Toshiyuki Amagasa, Kentarou Kido, and Hiroyuki Kitagawa, "Querying XML Data using PC Cluster System", 2nd International Workshop on XML Data Management Tools and Techniques (XANTEC'07) in conjunction with DEXA 2007, pp. 5-9, Regensburg, Germany, 2007.
  • Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, and Tatsuya Komano, "Constructing a Web Service System for Large-scale Meteorological Grid Data", 3rd IEEE International Conference on e-Science and Grid Computing (e-Science 2007), pp. 118-124, Bangalore, India, December 10-13, 2007.
  • Lianzi Wen, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "An Approach for XML Similarity Join using Tree Serialization", Proc. 13th International Conference on Database Systems for Advanced Applications (DASFAA 2008), pp. 562-570, New Delhi, India, March 19-21 2008.

国内ワークショップ

  • Chantola Kit, Toshiyuki Amagasa and Hiroyuki Kitagawa, "An Efficient Structure-based Grouping for XML-OLAP", 電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ(DEWS2008), 2008年3月9日〜11日.
  • Imam Machdi, Toshiyuki Amagasa and Hiroyuki Kitagawa, "A Multidimensional Data Structure for Maintaining XML Data Partitions", 電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ(DEWS2008), 2008年3月9日〜11日.
  • Lianzi Wen, Toshiyuki Amagasa and Hiroyuki Kitagawa, "A Text-based Similarity Join for XML data", 電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ(DEWS2008), 2008年3月9日〜11日.
  • 稲守孝之, 渡辺陽介, 北川博之, 天笠俊之, 川島英之“広域分散ストリーム処理環境における演算の配置最適化手法の評価”, 電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ(DEWS2008), 2008年3月9日〜11日.
  • 李暁晨, 天笠俊之, 北川博之“構造型P2Pネットワークにおける転置リストを利用したXML文書検索”, 電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ(DEWS2008), 2008年3月9日〜11日.
  • 大喜恒甫, 渡辺陽介, 秋山亮, 北川博之, 天笠俊之, 川島英之“ストリーム処理における情報源の動的選択機能の評価”, 電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ(DEWS2008), 2008年3月9日〜11日.
  • 宇井敬一朗, 天笠俊之, 北川博之“FUSEによる遠隔気象データアクセスツール”, 電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ(DEWS2008), 2008年3月9日〜11日

研究会

  • 文連子, 天笠俊之, 北川博之, "木直列化を用いたXMLデータの類似結合" , 情報処理学会研究報告 (DBS), 2007(65), pp. 91-96/電子情報通信学会技術研究報告 (DE), 107(131), pp. 91-96 (夏のデータベースワークショップ2007), 2007年7月.
  • 稲守孝之,渡辺陽介,北川博之,天笠俊之,川島英之,“分散ストリーム処理環境におけるアプリケーション配置最適化手法”,情報処理学会研究報告 (DBS), 2007(65), pp. 345-350/電子情報通信学会技術研究報告 (DE), 107(131), pp. 345-350 (夏のデータベースワークショップ2007),2007年7月.

全国大会

  • Chantola Kit, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "An Algorithm for XML Cube Computation in XML-OLAP", 情報処理学会 第70回全国大会講演論文集(5), pp.25-26. 筑波大学, 2008年3 月13日〜15日.
  • Imam Machidi, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "XML Data Partitioning for Parallel Holistic Twig Join Processing", 情報処理学会 第70回全国大会講演論文集(1), pp.393-394. 筑波大学, 2008年3月13日〜15日.
  • 稲守孝之, 渡辺陽介, 北川博之, 天笠俊之, 川島英之,“分散ストリーム処理管理システムORINOCOの評価”, 情報処理学会 第70回全国大会講演論文集(5), pp.235-236. 筑波大学, 2008年3月13日〜15日.
  • Lianzi Wen, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "An Improved Similarity Join for XML Data based on Text Similarity", 情報処理学会 第70回全国大会講演論文集(1), pp.599-600. 筑波大学, 2008年3月13日〜15日. (学生奨励賞受賞)
  • 大喜恒甫, 渡辺陽介, 秋山亮, 北川博之, 天笠俊之, 川島英之,“ストリーム処理における情報源の動的選択機能”, 情報処理学会 第70回全国大会講演論文集(1), pp.697-698. 筑波大学, 2008年3月13日〜15日.
  • 王毅, 天笠俊之, 北川博之,“関係表の垂直表現を利用した河川情報データの統合”, 情報処理学会 第70回全国大会講演論文集(1), pp.583-584. 筑波大学, 2008年3月13日〜15日.
  • 李暁晨, 天笠俊之, 北川博之,“構造型P2Pネットワークにおけるキーワードを用いたXML文書検索”, 情報処理学会 第70回全国大会講演論文集(1), pp.573-574. 筑波大学, 2008年3月13日〜15日. (学生奨励賞受賞)
  • 宇井敬一朗, 天笠俊之, 北川博之, “FUSEを利用した異種気象データの統合利用システム”, 情報処理学会 第70回全国大会講演論文集(1), pp.575-576. 筑波大学, 2008年3月13日〜15日. (学生奨励賞受賞)

講演

  • Toshiyuki Amagasa and Makoto Onizuka, "Query processing for XML Databases and Streams", DASFAA2007 Tutorial, 2007.

2006年度

学術論文

  • 城戸健太郎, 天笠俊之, 北川博之,“PCクラスタを用いたXMLデータ並列処理方式の評価”,日本データベース学会Letters, Vol. 5, No. 2, pp. 85-88, 2006年9月.

国際会議

  • Kentarou Kido, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "Processing XPath Queries in PC Clusters Using XML Data Partitioning," The Second International Special Workshop on Databases for Next-Generation Researchers (SWOD 2006) in conjunction with ICDE 2006, pp. 114-119, Atlanta, Georgia, USA, April 7, 2006.
  • Shinichi Yamada, Yousuke Watanabe, Hiroyuki Kitagawa, and Toshiyuki Amagasa, "Location-based Information Delivery Using Stream Processing Engine StreamSpinner", Proc. 7th International Conference on Mobile Data Management (MDM 2006), pp. 57-61, Nara, Japan, May 2006. (demo paper)

国内ワークショップ(査読付き)

  • 呉俊輝, 天笠俊之, 北川博之,“構造型P2Pネットワークにおける負荷分散を考慮したXMLデータ処理”,電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ (DEWS2007), 2007年3月.
  • 城戸健太郎, 天笠俊之, 北川博之,“PCクラスタを用いたXMLデータ並列処理方式における性能改善と評価”,電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ (DEWS2007), 2007年3月.
  • 山田真一,渡辺陽介,北川博之,天笠俊之,“ストリーム管理システムにおける複数永続化要求最適化手法”,電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ (DEWS2007), 2007年3月.
  • Chantola Kit, Toshiyuki Amagasa, and Hiroyuki Kitagawa, "An Approach to XML-OLAP Based on Relational Databases," 電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ (DEWS2007), 2007年3月.
  • 稲守孝之,渡辺陽介,北川博之,天笠俊之,“分散ストリーム処理環境のための運用管理システムの提案”,電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ (DEWS2007), 2007年3月.
  • 文連子,天笠俊之,北川博之,“オントロジとパスの類似度を用いたXMLデータの曖昧検索”,電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ (DEWS2007), 2007年3月.

研究会

  • Chantola Kit, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "Towards Analytical Processing of XML Data," 情報処理学会研究報告 (DBS), 2006(77), pp. 201-208/電子情報通信学会技術研究報告 (DE), 106 (148), pp. 163-168(夏のデータベースワークショップ2006), 2006年7月
  • 山田真一,渡辺陽介,北川博之,天笠俊之,“ストリーム管理システムにおける永続化要求の妥当性評価”,情報処理学会研究報告 (DBS), 2006(78), pp. 277-284/電子情報通信学会技術研究報告 (DE), 106(149), pp. 209-214(夏のデータベースワークショップ2006),2006年7月.
  • 呉俊輝,天笠俊之,北川博之,“P2P環境における構造概要を利用したXMLデータの検索手法の実装について”,情報処理学会研究報告 (DBS), 2006(77), pp. 63-70/電子情報通信学会技術研究報告 (DE), 106(148), pp. 55-60(夏のデータベースワークショップ2006), 2006年7月.
  • 城戸健太郎,天笠俊之,北川博之,“PCクラスタを用いたXMLデータ並列処理方式の評価”,情報処理学会研究報告 (DBS), 2006(78), pp. 483-490/電子情報通信学会技術研究報告 (DE), 106(150), pp. 127-132(夏のデータベースワークショップ2006), 2006年7月.

2005年度

学術論文

  • 中尾伸章,天笠俊之,的野晃整,植村俊亮,“アクセス頻度を考慮したXML文書分割方式の提案”,日本データベース学会 Letters, Vol.4, No.1, pp.113-116, 2005年6月.

国際会議

  • Kei Fujimoto, Toshiyuki Shimizu, Dao Dinh Kha, Masatoshi Yoshikawa and Toshiyuki Amagasa, "A Mapping Scheme of XML Documents into Relational Databases using Schema-based Path Identifiers," International Workshop on Challenges in Web Information Retrieval and Integration (WIRI 2005), pp.82-90, April 8-9, 2005.
  • Kei Fujimoto, Toshiyuki Shimizu, Kenji Hatano, Yu Suzuki, Toshiyuki Amagasa, Hiroko Kinutani, and Masatoshi Yoshikawa, "An Implementation of High-Speed and High-Precision XML Information Retrieval System on Relational Databases," INEX 2005, pp. 254-267, Nov. 2005.

国内ワークショップ(査読付き)

  • Chunhui Wu, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "XML Retrieval Using Structural Summary in Peer-to-Peer Environment", 電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ (DEWS2006), 4A-oi7, 2006年3月.
  • 城戸健太郎,天笠俊之,北川博之,“PCクラスタを用いたXMLデータ並列処理方式の提案”,電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ (DEWS2006), 6B-oi3, 2006年3月.
  • 藤本圭,清水敏之,波多野賢治,鈴木優,天笠俊之,絹谷弘子,吉川正俊,“XML情報検索システムとその高速化に関する研究”,電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ (DEWS2006), 6B-i10, 2006年3月.

国内ワークショップ(査読なし)

  • 藤本圭,杉木健二,清水敏之,松原茂樹,天笠俊之,波多野賢治,吉川正俊,“XMLを用いた論文検索システム”,ディジタル図書館,No.27 & 28, pp.9-16, 2005年8月.

解説記事

  • 天笠俊之,吉川正俊,“XMLデータベース技術概説”,オペレーションズ・リサーチ,第50巻,第6号,pp. 365-372, 2005年.
  • 吉川正俊,天笠俊之,“データ工学の研究最前線 3. XMLデータベース”,電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ誌,第10巻,第2号,pp. 8-9, 2005年8月.

2004年度

学術論文

  • 的野晃整,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“経路式に基づくRDFデータの関係データベースへの格納と検索”,日本データベース学会 Letters, Vol. 3, No. 1, pp. 21-24, 2004年6月.
  • 江田毅晴,櫻井保志,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“XML木のための動的範囲ラベル付け手法”,情報処理学会論文誌:データベース, Vol. 45, No. SIG 7 (TOD 22), pp. 102-114, 2004年.
  • 天笠俊之,植村俊亮,“リージョンディレクトリを用いた関係データベースによる大規模XMLデータ処理”,日本データベース学会 Letters, Vol. 3, No. 2, pp. 33-36, 2004年9月.
  • 的野晃整,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“経路式に基づく RDF データの関係データベースへの格納と検索”,電子情報通信学会論文誌,Vol. J88-D-I, No. 3, pp. 590-603, 2005年3月.
  • 越田高志,波多野賢治,天笠俊之,宮崎純,植村俊亮,“自動化・統合化されたWebサービス動的実行システム”,情報処理学会論文誌,Vol.46, No.3, pp. 671-682,2005年03月.

国際会議

  • Bat-Odon Purevjii, Toshiyuki Amagasa, Sayaka Imai, and Yoshinari Kanamori, "An Access Control Model for Geographic Data in an XML-based Framework," 2nd International Workshop on Security In Information Systems (WOSIS-2004) in conjunction with 6th International Conference on Enterprise Information Systems (ICEIS 2004), pp. 251-260, Porto, Portugal, April 13, 2004.
  • Kenji Hanakawa, Toshiyuki Amagasa, Kenji Hatano, Jun Miyazaki, and Shunsuke Uemura, "A Predicate Based Query Language for User-Specified Document Organization," The 8th World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI 2004), Vol. I, pp.154-159, Orlando, Florida, USA, July 18-21, 2004.
  • Jun Miyazaki, Kenji Hatano, Toshiyuki Amagasa, and Shunsuke Uemura, "A Database File System for Wearable Computers," The 3rd CREST Workshop on Advanced Computing and Communicating Techniques for Wearable Information Playing in conjunction with the 8th IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC'04), pp. 63-67 Arlington, VA, USA, October 31-November 4, 2004. (poster paper)
  • Tatsuyuki Kawamura, Toshiyuki Amagasa, Kenji Hatano, Kenji Hisazumi, Teruaki Kitasuga, Satoshi Murata, Takahiro Ueoka, Norimichi Ukita, Yasuyuki Kono, Jun Miyazaki, Tsuneo Nakanishi, Akira Fukuda, Shunsuke Uemura, and Masatsugu Kidode, "What is Augmented Memory? - Concept, Design, and Technology -," The 3rd CREST Workshop on Advanced Computing and Communicating Techniques for Wearable Information Playing in conjunction with the 8th IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC'04), pp. 27-45, Arlington, VA, USA, October 31-November 4, 2004.
  • Takeharu Eda, Yasushi Sakurai, Toshiyuki Amagasa, Masatoshi Yoshikawa, Shunsuke Uemura, and Takashi Honishi, "Dynamic Range Labeling for XML Trees," Current Trends in Database Technology - EDBT 2004 Workshops, pp. 230-239, LNCS 3268, Heraklion, Crete, Greece, March 14-18, 2004. (Revised Selected Papers)
  • Kenji Hatano, Hiroko Kinutani, Toshiyuki Amagasa, Yasuhiro Mori, Masatoshi Yoshikawa, and Shunsuke Uemura, "Analyzing the Properties of XML Fragments Decomposed from the INEX Document Collection," INEX 2004, pp. 168-182, December 2004.
  • Vilas Wuwongse, Masatoshi Yoshikawa, and Toshiyuki Amagasa, "Temporal Versioning of XML Documents," The 7th International Conference of Asian Digital Libraries (ICADL 2004), Lecture Notes in Computer Science, Vol. 3334, pp. 419-428, Shanghai, P. R. China, December 13-17, 2004.
  • Kei Fujimoto, Toshiyuki Shimizu, Dao Dinh Kha, Masatoshi Yoshikawa and Toshiyuki Amagasa, "Efficient Storage of XML Documents in Relational Databases," The 7th International Conference of Asian Digital Libraries (ICADL 2004), Shanghai, P. R. China, December 13-17, 2004. (poster paper)
  • Kenji Hagimoto, Jun Miyazaki, Shigehiko Kanaya, Naotake Ogasawara, Toshiyuki Amagasa, and Shunsuke Uemura, "A Method for Comparing Microarray Data of Different Species," Proc. of the 15th International Conference on Genome Informatics (GIW2004), pp. 77-1-77-2, Universal Academy Press, December 2004.
  • Akiyoshi Matono, Toshiyuki Amagasa, Masatoshi Yoshikawa, and Shunsuke Uemura, "A Path-based Relational RDF Database," The Sixteenth Australasian Database Conference (ADC 2005), pp. 95-103, Newcastle, Australia, January 31-February 3, 2005.

国内ワークショップ(査読付き)

  • 中尾伸章,天笠俊之,的野晃整,植村俊亮,“アクセス頻度を考慮したXML文書分割方式の提案”,電子情報通信学会 第16回データ工学ワークショップ (DEWS2005) 論文集, 5-A-i5, 2005年03月.

研究会

  • 中尾伸章,天笠俊之,植村俊亮,“部分圧縮を用いた大規模XMLデータ処理方式の提案,電子情報通信学会技術研究報告 (DE), 104(102), pp. 1-6, 2004年6月.
  • 天笠俊之,植村俊亮,“リージョンディレクトリを用いた関係データベースによる大規模XMLデータ処理”,情報処理学会研究報告 (DBS), 2004(72), pp. 301-307/電子情報通信学会技術研究報告 (DE), 104(177), pp. 7-12(夏のデータベースワークショップ2004),2004年7月.
  • 花川賢治,天笠俊之,波多野賢治,宮崎純,植村俊亮,“述語に基づく文書の木構造の解釈”,第 7 回セマンティックウェブとオントロジー研究会,人工知能学会研究会資料 SIG-SWO-A402-01, 京都府相楽郡精華町, 2004年7月30日.
  • 花川賢治,天笠俊之,波多野賢治,宮崎純,植村俊亮,“Prologを使ったRDFデータからのユーザ指定による文書構築”,情報処理学会研究報告 (DD), 2005(35), pp. 81-88/情報処理学会研究報告 (FI), 2005(35), pp. 81-88, 2005年3月.

全国大会

  • 的野晃整,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“経路式に基づく RDF データのための索引手法とその構築法”,第 3 回情報科学技術フォーラム (FIT2004), 京都府京田辺市, 2004年9月7日-9日.
  • 羅勇,天笠俊之,波多野賢治,宮崎純,植村俊亮,“移動端末のためのトポロジ変化に強いクラスタリング手法”,第 3 回情報科学技術フォーラム (FIT2004), 京都府京田辺市, 2004年9月7日-9日.
  • 花川賢治,波多野賢治,天笠俊之,宮崎純,植村俊亮,“文書構築のためのツールとしての Prolog”,第 3 回情報科学技術フォーラム (FIT2004), 京都府京田辺市, 2004年9月7日-9日.
  • 萩本健二,宮崎純,金谷重彦,小笠原直毅,天笠俊之,植村俊亮,“異種生物間におけるマイクロアレイデータの直接比較法”,第27回日本分子生物学会年会: 講演要旨集, pp. 786, 日本分子生物学会, 2004年12月.

2003年度

学術論文

  • 羅勇,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“地理情報の詳細度を考慮した移動オブジェクト群への情報配信”,DBSJ Letters, Vol. 2, No. 1, pp. 7-10, 2003.
  • 石川正敏,波多野賢治,天笠俊之,植村俊亮,勝村哲也,“歴史的文献画像のための電子スクラップブックシステム”,情報処理学会論文誌:データベース, Vol. 44, SIG 12 (TOD 19), pp.110-122, 2003年9月.
  • 的野晃整,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“接尾辞配列に基づいた RDF データのための索引手法”,情報処理学会論文誌:データベース, Vol. 45, No. SIG 4 (TOD 21), pp. 50-62, 2004年3月.
  • 石川正敏,波多野賢治,天笠俊之,植村俊亮,“歴史文献画像に関する注釈の管理と再利用”,情報考古学,Vol. 9, No. 2, pp. 11-23, 2004年3月.

国際会議

  • Toshiyuki Amagasa, Kiyohiro Hyo, Masatoshi Yoshikawa, and Shunsuke Uemura, "A Scheme for Managing Metadata about Video Data recorded by Wearable Cameras," The 2nd CREST Workshop on Advanced Computing and Communicating Techniques for Wearable Information Playing, pp. 50-56, Nara, Japan, May 23-24, 2003.
  • Yong Luo, Toshiyuki Amagasa, Masatoshi Yoshikawa, and Shunsuke Uemura, "Integrating Levels-of-Details into Geographic Information for Efficient Information Delivery," The 2nd CREST Workshop on Advanced Computing and Communicating Techniques for Wearable Information Playing, pp. 23-29, Nara, Japan, May 23-24, 2003.
  • Yong Luo, Toshiyuki Amagasa, Masatoshi Yoshikawa, and Shunsuke Uemura, "Broadcasting Geographic Information with Levels-of-details to Moving Objects," 2003 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM '03), pp. 891-894, Victoria, B.C., Canada, August 28-30, 2003.
  • Akiyoshi Matono, Toshiyuki Amagasa, Masatoshi Yoshikawa, and Shunsuke Uemura, "An Indexing Scheme for RDF and RDF Schema based on Suffix Arrays," First International Workshop on Semantic Web and Databases (SWDB) co-located with VLDB 2003, pp.151-168, Berlin, Germany, September 7-8, 2003.
  • Akiyoshi Matono, Toshiyuki Amagasa, Masatoshi Yoshikawa, and Shunsuke Uemura, "An Efficient Pathway Search using an Indexing Scheme for RDF," The 14th International Conference on Genome Informatics (GIW2003), pp. 374-375, Yokohama, Japan, December 14-17, 2003. (poster)
  • Ryoko Tamaru, Toshiyuki Amagasa, Shigehiko Kanaya, and Shunsuke Uemura, "A System for Visualizing Gene Expressions using Metabolic Networks," The 14th International Conference on Genome Informatics (GIW2003), pp. 340-341, Yokohama, Japan, December 14-17, 2003. (poster paper)
  • Takeharu Eda, Yasushi Sakurai, Toshiyuki Amagasa, Masatoshi Yoshikawa, and Shunsuke Uemura, "Dynamic Range Labeling for XML Trees," International Workshop on Database Technologies for Handling XML information on the Web (DataX'04) in conjunction with International Conference on Extending Database Technology (EDBT 2004), pp. 61-75 (informal proceedings), Heraklion - Crete, Greece, March 14, 2004.

国内ワークショップ(査読付き)

  • 的野晃整,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“経路式に基づく RDF データの関係データベースへの格納と検索”,電子情報通信学会 第15回データ工学ワークショップ (DEWS2004),2004年3月4〜6日.
  • 田丸良子,天笠俊之,金谷重彦,植村俊亮,“代謝経路を用いた遺伝子発現情報の視覚化システム”,電子情報通信学会 第15回データ工学ワークショップ (DEWS2004),2004年3月4〜6日.
  • 石川正敏,波多野賢治,天笠俊之,植村俊亮,“歴史文献の時空間情報に関する問合せ処理”,電子情報通信学会 第15回データ工学ワークショップ (DEWS2004),2004年3月4〜6日.

研究会

  • 石川正敏,波多野賢治,天笠俊之,植村俊亮,勝村哲也,“XMLを用いた木簡画像共有支援システム”,日本情報考古学会第16回大会発表要旨,pp. 91-96, 2003年9月20-21日.
  • 石川正敏,波多野賢治,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,勝村哲也,“歴史文献のための電子スクラップブックシステムの設計”,人文科学とコンピュータシンポジウム“じんもんこん :-) 2003”, pp. 227-234, 2003年12月.
  • 羅勇,天笠俊之,波多野賢治,宮崎純,植村俊亮,“移動オブジェクトのクラスタリング手法に関する一提案”,情報処理学会研究報告 2004-FI-74/2004-DD-43, pp. 31-38, 2004年3月.

講演

  • 第25回 ACM SIGMOD日本支部大会,“IEEE ICDE 2003 国際会議報告”,東京大学生産技術研究所 第一会議室,2003年4月17日.

2002年度

著書

  • Shunsuke Uemura, Masatoshi Yoshikawa, and Toshiyuki Amagasa, "Heijo -- A Video Database System for Retrieving Semantically Coherent Video Information," in Nontraditional Database Systems, The Information Processing Society of Japan and Taylor & Francis Books Ltd., ISBN 0-415-30206-4, 2002.

学術論文

  • 江田毅晴,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“XML 木のための更新に強い節点ラベル付け手法”,DBSJ Letters, Vol. 1, No. 1, pp.35-38, October, 2002.
  • 兵清弘,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“ウェアラブルコンピューティング環境における MPEG-7 出版を利用した映像検索システム”,DBSJ Letters, Vol. 1, No. 2, pp.28-30, March, 2003.

国際会議

  • Takamasa Ueda, Toshiyuki Amagasa, Masatoshi Yoshikawa, and Shunsuke Uemura, "Digest Creation of Video Data recorded by Wearable Cameras using Locational and Geographical Information," The First International Workshop on Wireless Information Systems (WIS-2002) in conjunction with the 4th International Conference on Enterprise Information Systems (ICEIS-2002), pp.94-105, Ciudad Real, Spain, April 2-3, 2002.
  • Takamasa Ueda, Toshiyuki Amagasa, Masatoshi Yoshikawa, and Shunsuke Uemura, "A System for Retrieval and Digest Creation of Video Data Based on Geographic Objects," 13th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2002), LNCS 2453, pp. 768-778, Aix-en-Provence, France, September 2-6, 2002.
  • Masatoshi Ishikawa, Kenji Hatano, Toshiyuki Amagasa, Shunsuke Uemura, and Tetsuya Katsumura, "A Data Model for Reconstructable Kanji Documents using XML," IASTED International Conference on Information Systems and Databases (ISDB 2002), pp. 258-263, Tokyo, Japan, September 25-27, 2002.
  • Toshiyuki Amagasa, Masatoshi Yoshikawa, and Shunsuke Uemura, "QRS: A Robust Numbering Scheme for XML Documents," 19th International Conference on Data Engineering (ICDE 2003), pp. 705-707, Bangalore, India, March 5-8, 2003. (poster paper)

国内ワークショップ(査読付き)

  • 兵清弘,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“ウェアラブル環境における MPEG-7 出版に基づく映像検索システム”,データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム (DBWeb2002),pp. 343-350, 2002年12月3日〜4日.
  • 羅勇,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“地理情報の詳細度を考慮したオブジェクト群への情報配信”,電子情報通信学会 第14回データ工学ワークショップ (DEWS2003),2003年3月3〜5日.
  • 的野晃整,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“RDFのための経路式に基づいた索引方式”,電子情報通信学会 第14回データ工学ワークショップ (DEWS2003),2003年3月3〜5日.

研究会

  • 江田穀晴,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“更新に強いXML節点数え上げ手法とその管理”,情報処理学会研究報告 (DBS), 2002(67), pp. 233-240/電子情報通信学会技術研究報告 (DE), 102(208), pp. 85-90(夏のデータベースワークショップ2002), 2002年7月17〜19日.
  • 花川賢治,天笠俊之,波多野賢治,植村俊亮,“動的な文書構築のための文書部品ファイルの選択・組織化ツール”,情報処理学会研究報告 (DBS), 2003(5),pp. 33-40, 2003年1月23〜24日.
  • 江田毅晴,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“XMLのための動的範囲ラベル付け手法の評価およびXRelへの適用について”,情報処理学会研究報告 (DBS), 2003(5),pp. 113-120, 2002年1月23〜24日.

全国大会

  • 天笠俊之,兵清弘,吉川正俊,植村俊亮,“MPEG-7を利用したウェアラブルカメラ映像検索システム”,情報処理学会 第65回全国大会講演論文集, 分冊 (5), pp. 175-178, 2003年3月25日〜27日.

2001年度

学術論文

  • Masatoshi Yoshikawa, Toshiyuki Amagasa, Takeyuki Shimura, and Shunsuke Uemura, "XRel: A Path-Based Approach to Storage and Retrieval of XML Documents using Relational Databases," ACM Transactions on Internet Technology, Vol. 1, No. 1, pp. 110-141, June 2001.

国際会議

  • Yuu Morinaka, Masatoshi Yoshikawa, Toshiyuki Amagasa, and Shunsuke Uemura, "The L-index: An Indexing Structure for Efficient Subsequence Matching in Time Sequence Databases," International Workshop on Mining Spatial and Temporal data in conjunction with the Fifth Pacific-Asia Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (PAKDD-01), pp. 51-60, Kowloon, Hong Kong, April 16-18, 2001.
  • Toshiyuki Amagasa, Masatoshi Yoshikawa, and Shunsuke Uemura, "Realizing Temporal XML Repositories using Temporal Relational Databases," The Third International Symposium on Cooperative Database Systems for Advanced Applications (CODAS'2001), pp. 63-67, Beijing, China, April 23-24, 2001. (poster paper)
  • Akira Maeda, Tomokazu Ohta, Masaki Takano, Takamasa Ueda, Yu Suzuki, Toshiyuki Amagasa, Kenji Hatano, Masatoshi Yoshikawa, and Shunsuke Uemura, "Applying Database Techniques in Wearable Computing Environment," In Proc. of the 1st CREST Workshop on Advanced Computing and Communicating Techniques for Wearable Information Playing, pp. 69-76, Nara, Japan, Mar. 2002.

国内ワークショップ(査読付き)

  • 兵清弘,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮, “MPEG-7を利用したウェアラブルカメラ映像の索引付け手法”,電子情報通信学会 第13回データ工学ワークショップ (DEWS2002), 2002年3月4〜6日.
  • 石川正敏,波多野賢治,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,勝村哲也, “XMLを用いた再構築可能な漢字文献データモデル”,電子情報通信学会 第13回データ工学ワークショップ (DEWS2002), 2002年3月4〜6日.
  • 藤井眞吾,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮, “XML データベース XRel の実装とその評価”,電子情報通信学会 第13回データ工学ワークショップ (DEWS2002), 2002年3月4〜6日.
  • 羅勇,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮, “移動オブジェクトに対する効率的な地理情報配信手法”,電子情報通信学会 第13回データ工学ワークショップ (DEWS2002), 2002年3月4〜6日.

研究会

  • 竹内さおり,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“WebOPACにおける文献検索を支援するシステムの提案”,2001年度日本図書館情報学会 春季研究集会,pp. 47-59, 慶應義塾大学三田キャンパス大学院校舎, 2001年5月19日.
  • 石川正敏,波多野賢治,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,勝村哲也,“意味付き文字画像を用いた文献の電子化”,情報処理学会研究報告 (DBS / FI), 2001(44), pp. 113-120, 2001年5月.
  • 天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“XML文書のためのバイテンポラルデータモデル”,情報処理学会研究報告 (DBS), 2001(70), pp. 397-404,電子情報通信学会技術研究報告 (DE). 101(192), pp. 229-236(夏のデータベースワークショップ 2001), 2001年7月18日.
  • 上田隆正,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“位置情報と地理情報を用いたウェアラブルカメラ映像のダイジェスト作成”,情報処理学会研究報告 (DBS),2001(71), pp. 177-184/電子情報通信学会技術研究報告, 101(193), pp. 175-182(夏のデータベースワークショップ 2001), 2001年7月19日.

全国大会

  • 竹内さおり,天笠 俊之,吉川正俊,植村俊亮,“利用者と図書のプロファイルを用いた対話型図書検索システム”,情報処理学会 第63回全国大会講演論分集, 分冊 (3), pp. 129-130, 2001年9月27日.
  • 三宮健,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“実世界オブジェクトへの註釈を共有するフレームワーク WITObject の提案”,情報処理学会 第63回全国大会講演論分集,分冊 (3), pp. 83-84, 2001年9月28日.

解説記事

  • 天笠俊之,有次正義,金森吉成,“時間的に変化するデータに対する索引技術” ,情報処理,第42巻,第10号, pp. 972--979, 平成13年10月.

2000年度

国際会議

  • Toshiyuki Amagasa, Masatoshi Yoshikawa, and Shunsuke Uemura, "A Data Model for Temporal XML Documents," Proc. of the 11th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA2000), pp. 334-344, London-Greenwich, United Kingdom, Sept. 2000.
  • Toshiyuki Amagasa, Minoru Nakai, Kenji Hatano, Masatoshi Yoshikawa, and Shunsuke Uemura, "Keyword Assignment to Images Using Sliding Windows," Proc. of the ADBIS-DASFAA2000, pp. 1-10, Prague, Czech Republic, Sept. 2000.
  • Masatoshi Yoshikawa, Toshiyuki Amagasa, Dao Dinh Kha, Kenji Hatano, Hiroko Kinutani, Noboru Matoba, Junko Tanoue, Masahiro Watanabe, and Shunsuke Uemura, "On Two Query Interfaces for Genome XML Databases," IEEE Workshop on XML-Enabled Wide Area Search in Bioinformatics (XEWA), League City, Texas, December 13-14, 2000
  • Takeshi Sannomiya, Toshiyuki Amagasa, Masatoshi Yoshikawa, and Shunsuke Uemura, "A Framework for Sharing Personal Annotations on Web Resources using XML," Proc. of Workshop on Information Technology for Virtual Enterprises (ITVE), pp. 40-48, Gold Coast, QLD, Australia, January 29-30, 2001.

国内ワークショップ(査読付き)

  • 上田隆正,天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“位置情報と時間情報を用いた映像データの索引付け手法の提案”,電子情報通信学会 第12回データ工学ワークショップ (DEWS2001),2001年3月8〜10日.
  • 桂智之,天笠俊之,植村俊亮,“インタラクティブマルチメディアプレゼンテーションのための同期制約管理モデル”,電子情報通信学会 第12回データ工学ワークショップ (DEWS2001),2001年3月8〜10日.
  • 森中雄,吉川正俊,天笠俊之,植村俊亮,"The L-index: An Indexing Structure for Efficient Subsequence Matching in Time Sequence Databases",電子情報通信学会 第12回データ工学ワークショップ (DEWS2001),2001年3月8〜10日.

研究会

  • 天笠俊之,吉川正俊,植村俊亮,“時制XML文書のためのデータモデル”,情報処理学会研究報告 (DBS), 2000(69), pp. 161-168/電子情報通信学会技術研究報告 (DE), 100(227), pp. 17-24(夏のデータベースワークショップ2000), 2000年7月26日.
  • 森中雄,吉川正俊,天笠俊之,植村俊亮,“近似ファイルを用いた数値時系列データの類似検索の実装とその評価”,電子情報通信学会技術研究報告 (DE), 100(351), pp. 49-56, 2000年10月13, 14日.

全国大会

  • 森中雄,吉川正俊,天笠俊之,植村俊亮,“階層的インデックス構造を用いた時系列データの類似検索手法”,日本ソフトウェア科学会第17回大会,2000年9月21日.
  • 桂智之,天笠俊之,植村俊亮,“インタラクティブマルチメディアプレゼンテーションのための同期制約管理モデル”,情報処理学会第62回全国大会,2001年3月13〜15日.

l999年度

学術論文

  • 天笠俊之,有次正義,田中貴之,金森吉成,“時空間概念データモデルの実装”,情報処理学会論文誌:データベース, Vol. 40, SIG 6 (TOD 3), pp. 141-151, 1999年8月.

国際会議

  • Shunsuke Uemura, Masatoshi Yoshikawa, and Toshiyuki Amagasa, "Heijo --- A Video Database System for Retrieving Semantically Coherent Video Information," International Symposium on Database Applications in Non-Traditional Environment (DANTE'99), pp. 216-219, Kyoto, Nov. 1999.

国内ワークショップ(査読付き)

  • 向山博貴,藤岡靖久,天笠俊之,植村俊亮,“映像の内容記述と画像内オブジェクトに対する時区間索引に基づいたデータ モデル”,電子情報通信学会 第11回データ工学ワークショップ (DEWS2000),2000年3月.
  • 藤岡靖久,向山博貴,天笠俊之,植村俊亮,“画像認識および音声認識を用いた映像データのカタログ化手法”,電子情報通信学会 第11回データ工学ワークショップ (DEWS2000),2000年3月.

研究会

  • 中井実,天笠俊之,波多野賢治,吉川正俊,植村俊亮,“キーワード付き部分画像のウェーブレット特徴量を利用した画像へのキーワード付与”,電子情報通信学会技術研究報告 (PRMU), 99(218), pp. 105-112, 2000年1月.
  • 石川正敏,天笠俊之,波多野賢治,植村俊亮,“仮想空間管理のための記述形式独立なデータモデル”,電子情報通信学会技術研究報告 (MVE), 99(83), pp. 45-50, 2000年3月.

1998年度

学術論文

  • Toshiyuki Amagasa, Masayoshi Aritsugi, and Yoshinari Kanamori, "An Implementation of Interval-Based Conceptual Model for Temporal Data," IEICE Trans. Info. & Syst., Special Issue on Next Generation Database Technology, E82-D(1), pp. 136-146, Jan. 1999.

国際会議

  • Toshiyuki Amagasa, Masayoshi Aritsugi, and Yoshinari Kanamori, "Implementing Time-Interval Class for Managing Temporal Data," 9th International Workshop on Database and Expert Systems Applications (DEXA '98), IEEE Computer Society, pp. 843-849, Vienna, Aug. 1998.
  • Toshiyuki Amagasa, Masayoshi Aritsugi, Takayuki Tanaka, and Yoshinari Kanamori, "Implementing Class Library and Index for Managing Spatio-Temporal Data," International Workshop on New Database Technologies for Collaborative Work Support and Spatio-Temporal Data Management (NewDB'98), LNCS 1552, pp. 532-541, Singapore, Nov. 1998.

研究会

  • 天笠俊之,櫻井紀美子,有次正義,金森吉成,“事象による検索を考慮したタイムインデックスの性能評価”,情報処理学会研究報告 (DBS), 98(58), pp. 71-78, 1998年7月.
  • 櫻井紀美子,天笠俊之,有次正義,金森吉成,“時空間概念データモデルに基づいたクラスライブラリの実装”,情報処理学会研究報告 (DBS), 98(58), pp. 79-86, 1998年7月.

国内ワークショップ(査読なし)

  • 櫻井紀美子,天笠俊之,有次正義,金森吉成,“時空間概念データモデルに基づいたクラス設計”,サイバースペースのためのデータベース第3回ワークショップ,大阪大学,1998年5月.

1997年度

学術論文

  • Toshiyuki Amagasa, Masayoshi Aritsugi, Yoshinari Kanamori, and Yoshifumi Masunaga, "Interval-Based Modeling for Temporal Representation and Operations," IEICE Trans. Info. & Syst., E81-D (1), pp. 47-55, Jan. 1998.

国際会議

  • Masayoshi Aritsugi, Toshimi Tagashira, Toshiyuki Amagasa, and Yoshinari Kanamori, "An approach to spatio-temporal queries -- Interval-based contents representation of images --," 8th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA'97), LNCS 1308, pp. 202-213, Toulouse, Sep. 1997.
  • Toshimi Tagashira, Toshiyuki Amagasa, Masayoshi Aritsugi, and Yoshinari Kanamori, "Interval-based representation of spatio-temporal concepts," The 9th Conference on Advanced Information Systems Engineering (CAiSE*97), LNCS 1250, pp. 231-244, Barcelona, June 1997.

国内シンポジウム(査読付き)

  • 天笠俊之,鈴木邦彦,有次正義,金森吉成,“時区間概念モデルを実装した時区間クラス”,情報処理学会 Proc. of Advanced Database System Symposium '97, pp. 59-66, 1997年12月.

国内ワークショップ(査読なし)

  • 天笠俊之,有次正義,金森吉成,“オブジェクト指向データベースによる時区間概念モデルの実現”,サイバースペースのためのデータベース第2回ワークショップ --4次元時空間データベースと地理情報データベース--,広島市立大学,1997年10月.

全国大会

  • 天笠俊之,鈴木邦彦,有次正義,金森吉成,“試作した時区間クラスの適用例”,第55回情報処理学会全国大会講演論文集 (3), pp. 320-321, 1997年9月.
  • 鈴木邦彦,天笠俊之,有次正義,金森吉成,“オブジェクト指向データベースによる時区間データモデルの試作”,第55回情報処理学会全国大会講演論文集 (3), pp. 318-319, 1997年9月.

1996年度

研究会

  • 天笠俊之,田頭利規,金森吉成,増永良文,“時区間データモデルとTSQL2のデータ選択能力の比較”,情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告 96(68), pp. 141-146/電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 96(176), pp. 61-66, 1996年7月.

国内ワークショップ(査読なし)

  • 田頭利規,天笠俊之,有次正義,金森吉成,“複合時区間を用いた時系列画像表現”,重点領域研究“高度データベース”松江ワークショップ講演論文集,Vol. 1, pp. 164-173, 1996年9月.

1995年度

研究会

  • 天笠俊之,田頭利規,金森吉成,増永良文,“制約を導入した時区間代数”,情報処理学会研究報告 (DBS), 95(65), pp. 185-192/電子情報通信学会技術研究報告 (DE), 95(148),pp. 41-48, 1995年7月.

1994年度

国内ワークショップ(査読付き)

  • 福田紀彦,天笠俊之,金森吉成,増永良文,“時区間に基づく拡張時間データモデル”,情報処理学会, Proc. of Advanced Database System Symposium '94, pp. 175-184, 1994年12月.

研究会

  • 福田紀彦,天笠俊之,金森吉成,増永良文,“オブジェクト指向データベースにおける時間軸データモデル”,情報処理学会研究報告 (DBS), 94(98), pp. 1-8, 1994年5月.
Last modified:2017/08/29 16:15:59
Keyword(s):
References:[研究業績]